RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤807

 

最近プログレ熱が強まってます。

先週東京へ行った時も新宿のディスクユニオンプログレ館へ行って、デヴィッド・ギルモアとロジャー・ウォーターズ、ビル・ブラッフォード=アースワークスの中古CD買って来ましたが、スティーヴ・ハケットのCDチェックするの忘れたー(汗)

 

特にジェネシス時代の曲をセルフリメイクした『ジェネシス・リヴィジテッド供戮肇薀ぅ盤『ジェネシス・リヴィジテッド・ライヴ・アット・ハマースミス』があったら買おうと思ってたのに、すっかりチェックするの忘れたー!

不覚・・・

 

最初にジェネシスの曲をリメイクした1996年の作品『新約創世記〜ジェネシス・リヴィジテッド』は発売後すぐ買いました。

ジョン・ウェットンやビル・ブラッフォードなどプログレの重鎮達が参加したってだけでも大興奮ものでしたが、なんとそのアルバムのツアーが日本だけで行われそのライヴを収録したのが『TOKYOテープス〜ジェネシス・リヴィジテッド・ライヴ1996』です。

 

参加したアーティストがまた豪華で、キング・クリムゾンからジョン・ウェットンにイアン・マクドナルドが参加。

当時イアン・マクドナルドが日本に来てくれるなんて誰が想像したでしょう。

 

ドラムは本家ジェネシスのライヴにも参加してるチェスター・トンプソンに、キーボードは様々なプログレバンドのサポートをしてるジュリアン・コルベック。

 

CDは2枚組になっていてジェネシスの曲やスティーヴのソロが演奏されてますが、ジョンとイアンが参加してるということでクリムゾンのナンバーまで披露してる。

これは見に行ったお客さん涙ものだったでしょう。

 

今思うとなんでこの日のライヴ見に行かなかったんだろうと後悔してます。

 

『TOKYOテープス』ライヴ映像

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 17:23
comments(0), -, pookmark
ニューバランスML574EGG

私服で履く靴はスニーカーのみ。

しかもニューバランスばっかりです。

 

そんなに何足も持っている訳じゃないけど、履き心地としては1400や990が長時間履いても疲れないので最高。

しかしその分値段も張ります。

当然雨の日などには穿きたくない。

 

そんな雨の日や汚れそうな日用に履いてるのが574シリーズ。

そこまで高価でもなくそれでいて見た目もいいので色違いで持ってます。

 

今回グレーを購入。

まあ定番色。

 

そして今職場で履いているスニーカーがもう3年履いて破れてきてるので、4月からは履かなくなった古い574を職場用にしよう。

ローテーションですね。

 

今ニューバランス貯金をしてるので、2年後くらいには値段高めのニューバランスが買えるかな。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:あんくん, category:DIARY, 15:53
comments(0), -, pookmark
2020年春物購入

ノンネイティヴ毎シーズンTシャツを購入してますが、今シーズンのTシャツももちろん買いました。

 

今までは胸に大きく文字が書かれてるTシャツが多かったですが、今回は左胸に小さくロゴが刺繍されてるのをチョイス。

 

色はやはり白にしちゃいました。

 

素材が今までのよりツルツルした質感ですが、天竺素材を使用したものらしいです。

 

あとはもう財政難のためセールまで待つしかありません。

 

NN-T3705

CAPITAL TEE

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:あんくん, category:DIARY, 20:42
comments(0), -, pookmark
私的名盤806

 

『田舎のビートルズ』と称されたスタックリッジ。

ビートルズ直系のメロディにトラッドやプログレを加味したサウンドは正に英国からしか出てこないバンドでしょう。

 

70年代に出した5枚のアルバムはどれも秀逸なポップミュージックだったにも関わらず、セールス的にはイマイチで解散してしまいました。

その70年代最後のアルバムが『ミスター・ミック』。

 

1976年リリースということでプログレ全盛時、スタックリッジもアルバム1枚を費やしたコンセプトアルバムを制作しようとしたところ、レーベルからそれでは売れんということで大幅に楽曲を変更されたいわくつきのアルバム。

 

確かに1曲目からビートルズのカバー『ホールド・ミー・タイト』を収録するあたり、なんとかして話題を作りレコードを売ろうという心意気を感じます。

本人達は納得いってないかもしれないけど、南国風にアレンジされた楽曲でそれなりに魅力的です。

 

しかし後年メンバーが意図したバージョンでの復刻が出来、LPバージョンとオリジナルバージョンの2枚組としてリリースされました。

リアルタイムで聞いた人達にはLPバージョンに思い入れがあるでしょうが、後追い世代としては2枚を同等な気持ちで聞き比べられて面白いです。

 

さすがに聞き終わった時の充実感はメンバーが意図したバージョンの方が増しましたね。

 

楽曲ではDISC2 悒悒ぁグッド・ルッキング』が素晴らしい。

エレピの使い方最高ですね。

 

僕は2017年リマスター盤を持ってますが、ドラムの音が素晴らしくてビックリしました。

とても1976年の作品とは思えない良い音で録音されてます。

昔の音は知らないので比べられませんが、これがリマスター効果なのか?

 

あとこのアルバムで魅力なのがジャケットですね。

スタックリッジを知らなくてもこのジャケットは見たことあるって人多いんじゃないでしょうか。

 

なんとも言えない素晴らしいジャケットです。

 

『ミスター・ミック』LPバージョン

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 16:58
comments(0), -, pookmark
MISOJYU(ミソジュウ)

新型コロナの影響で観光地から外国人がいなくなったということなので、それなら今が行くタイミングだと思い浅草へ行って来ました。

 

確かに仲見世通りなんて前に行った時は外国人で物凄い人でしたが、今日はそれなりに賑わってましたがそこまで激混みというわけではありませんでした。

 

なので浅草寺で御朱印頂いたり、亀十でどら焼き買ったり、奥さんが前から行きたかったパン屋さんペリカンへ行ったりと、かなり順調に予定が進みました。

 

そしてお昼はおみそ汁専門店『MISOJYU(ミソジュウ)』へ。

 

こんなおみそ汁専門店が成り立つなんて茨城では絶対考えられません。

 

しかしさすが花の都大東京、後から後からお客さんが入って来ました。

 

今回僕はおにぎり二つにとん汁のセットにしました。

 

とん汁味が染みてて美味しかったし、他に付いてきた豆腐や鶏の照り焼きもとても美味しかった。

 

男性にはちょっと量少ないかもしれないけどその時はおにぎり追加すればいいし、浅草で美味しいところ一つ見つけました。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ

author:あんくん, category:FOOD, 20:17
comments(0), -, pookmark
ホラー・マニアックスシリーズ第12期発売決定!

今年も『ホラー・マニアックスシリーズ』が発売されます!

ハピネットさんありがとうございますm(__)m

 

今年も全8タイトル。

 

本当は全タイトル欲しいですが、それは金銭的にムリなので確実に買うのは4タイトル。

 

まずはウェス・クレイヴン監督の『ゾンビ伝説』。

DVDでは持ってますが、今回のブルーレイには日本語吹替えが収録。

まあ出来的にはそこまで最高だとは思わない作品だけど。

 

次は今では巨匠となってしまったジェームズ・キャメロン監督の『殺人魚フライングキラー』。

テレビで放送されたの録画して持ってますが、今回は2種類の日本語吹替えが収録。

 

次にダン・オバノンが脚本した『ゾンゲリア』。

こちらもDVD持ってますが、今回のブルーレイには日本語吹替えが収録。

しかも新規っぽい。

ハピネットさん気合いの入れ方ハンパない。

 

最後はやっぱり『フェノミナ』。

次買ったら4枚目。

それでも買っちゃいます。

なんたって今回のブルーレイにはこれまた日本語吹替えが収録。

 

第12期の第1弾は7月から発売。

今回も特典として『殺人魚フライングキラー』のサントラCDが応募者全員プレゼント。

 

しかしお金が足らん・・・

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 12:03
comments(0), -, pookmark
私的名盤805
評価:
ジェネシス
EMIミュージック・ジャパン
¥ 14,800
(2007-07-25)

なんとジェネシスが今年活動するとの発表がありました!

まあこの新型コロナで世界中が大騒ぎの中どこまで予定通り事が進むか分かりませんが、順調に進んでジャパンツアーなんてまで発展したら嬉しいな。

 

ジェネシス再活動といってももちろんピーター・ガブリエルもスティーヴ・ハケットも参加しません。

もちろんレイ・ウィルソンも参加しません。

フィル・コリンズ、トニー・バンクス、マイク・ラザフォード3人のジェネシスです。

 

大ヒットを連発する3人組ジェネシスですが、この3人になったのは1978年の『そして3人が残った』から。

タイトルも今見るとスゴイ。

 

ここからプログレからポップバンドへ変貌していきます。

 

切迫感あるドラムが凄まじい 悒瀬Ε鵝Ε▲鵐鼻Ε▲Ε函戮らアルバムはスタート。

 

トニー・バンクス作の◆悒▲鵐澄璽肇Α戮枠しいミディアムナンバー。

フィルの曲だと思ったらトニーの曲だったんだ。

 

ぁ悒好痢璽丱Ε鵐鼻戮魯泪ぅ作のバラード。

ここまで聞くと元気でノリの良いイメージのジェネシスとはちょっと違いますね。

 

ァ悒弌璽縫鵐亜Ε蹇璽廖戮皀好院璽覺兇△訥梗椶紛福

好きな曲ですが曲調はかなりシリアス。

ピーガブ時代のジェネシスを彷彿とさせます。

 

Α悒妊ープ・イン・ザ・マザーロード』はマイク作。

イントロカッコ良くてアガる。

クレジット見るとこのアルバムではフィル単独の作品ないんだなあ。

 

─悒掘璽鵐此Ε侫蹈燹Ε◆Ε淵ぅ帖Ε疋蝓璽燹戮聾經ジェネシスを思わせる明るいナンバー。

 

『ザ・レディ・ライズ』も好きだなあ。

ライヴで盛り上がりそう。

 

『フォロー・ユー・フォロー・ミー』はシングルとしてヒットしました。

 

アルバムの曲は良い曲多いですがなんか迫力不足と感じるのは僕だけでしょうか?

ミックスのせいなのかわざとそんな作りなのか。

 

当時のライヴ盤とか良質な音で復刻されないかな。

 

『フォロー・ユー・フォロー・ミー』MV

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 13:07
comments(0), -, pookmark
ジャパニーズ・ロック80’s

今流行りの音楽って何かピンとこない。

それは『オジサンだからセンスが古いんじゃない?』って言われそうだし、もしかしたら本当にそうなのかもしれない。

 

ただその一方ただ単純に昔の方がいい曲があったせいかもしれない。

 

最近まである程度のトレンドは押さえた方がいいかなと思い聞くようにはしてましたが、なんかそれで時間とお金を使うなら古くても好きな音楽聞いてる方が健全なんじゃないかなと思えてきました。

 

そんな時タイミング良く『ジャパニーズ・ロック80's』というガイド本が発売されました。

 

高校生の多感な時期に聞いていた音楽や、聞かずに通り過ぎていったアルバムが多数掲載。

当時はよく分からなかったサウンドやアーティストも、今聞くとまた違った印象受けるかもしれない。

 

あとはこの時代を知らない若い世代の人がこの時代の音楽を聞いたらどんな印象を受けるのか、それも興味深いなあ。

 

 

JUGEMテーマ:読書

author:あんくん, category:BOOK, 23:54
comments(0), -, pookmark
架空OL日記

バカリズム脚本、主演の『架空OL日記』見て来ました。

テレビ版も毎週楽しく見てたので、あの楽しいメンバーがまた見れると思うととても嬉しい。

 

テレビ版同様映画も超面白かった。

自分はOLじゃないから分からないけど、実際職場の女性達はあんな会話してるんだろうな。

普段ニコニコしながらロッカー室では男性社員の悪口言ってるとか。

 

たぶんですが、全て脚本通りではなくてアドリブもかなり入ってると思います。

演者が本気で笑ってるように思えるし。

 

女優陣のキャラクターもイイですね。

特に夏帆さん演じる真紀が好きですね。

性格もいいけどファッションも素敵です。

 

夏帆さんいい女優になったなあ。

 

もちろん他の臼田あさ美さん、佐藤玲さん、山田真歩さんも最高です。

こんな職場だったら楽しいだろうな。

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 21:08
comments(0), -, pookmark
私的名盤804
評価:
レイク&パーマー エマーソン
ビクターエンタテインメント
---
(2005-09-28)

今度の3月10日でキース・エマーソンが亡くなって4年が経つんですね。

もう4年かあ、早いなあ。

 

キースのキャリアの絶頂というとやはり70年代のELPだと思います。

70年代ELP最後の作品が『イン・コンサート』。

とはいえこの時期もうELPとしての活動はしてなかったようですが。

 

1977年8月カナダで録音されたライヴアルバム。

この時のツアーはオーケストラを引き連れての大規模なツアーでしたが、ツアー経費が増え続け結局大赤字のツアーだったようです。

 

ELPのライヴアルバムとしては人気もピーク時だった時期に出した3枚組『レディース&ジェントルメン』の方が聞き応えがありますが、曲の重複もないし後期ELPのライヴをオフィシャルなアルバムとして聞けるのである意味貴重だと思います。

 

後に同時期のライヴを追加収録した『ワークス・ライヴ』というアルバムも出てるので、内容的にはそちらの方が楽しめるかな。

 

『イン・コンサート』ライヴ映像

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 12:15
comments(0), -, pookmark