RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤740
評価:
PERSONZ
テイチクエンタテインメント
---
(1994-03-23)

昨日のPERSONZのライヴは、会場の見やすさや音響の良さもあって本当に楽しい3時間弱でした。

セットリストに関しても自分が夢中で聞いていたテイチク時代の曲が多く、ちょっと懐かしい気持ちにもなりました。

 

PERSONZのベスト盤は数種類リリースされてますが、テイチク時代の楽曲を収録した2枚組『ベスト』は微妙な立ち位置のベスト盤。

PERSONZがテイチクを離れる時『singin'』というベスト盤がリリースされました。

それはメンバーが選曲した全14曲が収められたCDですが、『ベスト』はその拡大版って感じでしょうか。

PERSONZのHP見るとメンバーは一切関わってないらしいので、レコード会社主導でリリースされたものと思われます。

 

まあ選曲に関しては可もなく不可もなくって感じ。

昨日ライヴで披露してくれた曲も多数収録されてます。

 

面白いのは12インチでリリースされたDISK1『RomanEsque-HeartAche』とぁWelcome To This Time』が収録されてます。

この2曲を聞けるCDは少ないかも。

 

DISK2 DEAR FRIENDS』はシングルバージョンでの収録。

 

アルバムの最後がDISK2『誰かがあなたを愛してる』で終わりなのもなんか締りがないですね。

 

PERSONZ初心者が買うにはちょっとハードルが高いベスト盤かな。

 

DISK1『MIGHTY BOYS-MIGHTY GIRLS』ライヴ映像

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 14:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
PERSONZ in EX THEATER ROPPONGI

PERSONZのライヴを見にEX THEATER ROPPONGIへ行って来ました!

 

EX THEATER ROPPONGIは何度か足を運んでいる会場で、結構音響やステージの見やすさなどで好きな会場。

前からPERSONZライヴやってくれないかなと思っていたので、今回のライヴを知った時は後先考えずチケット買っちゃいました。

 

ライヴのタイトルが[35th ANNIVERSARY EVE TOUR]Single Selection【Special!】と銘打ってますが、実際はシングルだけを演奏するわけじゃなく、アルバムからの曲も多数演奏してました。

 

面白かったのはメドレーですかね。

JILLさんはあえて『メロディ』と言ってましたが、次から次へと懐かしい曲を演奏してくれて、次は何の曲をやるのかワクワクして聞いてました。

まさか『LOVE IN THE DARKNESS』まで聞けるとは思いませんでした。

 

『夢の咲く花』の生演奏聞けたのも初めてかも。

 

トリプルアンコールを含めて2時間50分の充実したライヴでした。

 

あと思ったのが渡邉さん痩せた?ってこと。

前は顔パンパンだった気がしたけど、スッキリしてるように見えました。

体型もスリムになったようだし。

うん、今の方が全然カッコイイです。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 23:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
TOIRO

水戸市にあった『アニマート』がひたちなか市に移転して『TOIRO』として先月オープンしたので行って来ました。

 

『アニマート』はダイニングバーだったのですが『TOIRO』はカフェ。

店内も明るくて広い。

 

今回はハンバーグランチを注文。

『アニマート』の時はハンバーグなんてなくて、本当にガラッとリニューアルしたんですね。

 

店舗の前も広い庭になってるのですが、そこはまだこれから色々手を加えていくんでしょうか?

その内オープンテラス席とか出来そう。

 

そしたらワンコも一緒に入れるかな?

 

 

JUGEMテーマ:グルメ

author:あんくん, category:FOOD, 21:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
『サスペリア』ステッカー

リメイク版『サスペリア』のムビチケを買うとステッカーが特典で付くということを知り、早速買ってきました。

 

まあステッカーといってもタイトルのロゴだけの簡素なステッカーだと思っていたら、想像以上に大判のカッコイイステッカーが貰えました。

 

これは嬉しい!

 

1時間かけて買いに行った甲斐がありました。

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 21:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤739

只今ジャパンツアー中のキング・クリムゾン。

なんでも今回のツアー、日替わりでセットリストが変わるそうで。

見に行きたーい!

でも金欠でお金なーい!

 

悲しいけど今回は諦めます。

チケット高いって。

 

3年前の2015年に来日した時は見に行きました。

トリプルドラムという度肝を抜く編成のクリムゾンに圧倒されたの覚えてます。

 

そのジャパンツアーの模様を収録したライヴ盤が『ラディカル・アクション〜ライヴ・イン・ジャパン+モア』。

CD3枚組にブルーレイ1枚の計4枚組という超特大ボリューム!

 

80年代以降のクリムゾンは意図して70年代の曲は演奏しないできましたが、ここではほとんど70年代の楽曲で占めてる。

本家のクリムゾンが70年代の楽曲を演奏するなんて誰も想像しなかったんじゃないでしょうか。

なんせロバート・フリップは一時引退してたほどですから。

 

それがDISC3ぁ悒好拭璽譽后戮妊蹈丱侫衙椰佑里△離ぅ鵐肇蹐聞けるんですから、昔からのコアなファンは涙ものですよね。

 

DISC3Г任蓮21世紀のスキッツォイド・マン』も披露してくれてます。

 

新しめの曲だとDISC1┐如悒供Ε灰鵐肇薀ション・オブ・ライト』を選曲。

あの超複雑な曲を7人のメンバーで奏でるんですから、メンバーの力量は相当なものです。

 

ブルーレイにはライヴの模様が収録されてますが、ライヴ感を感じる映像ではないですね。

じっくり演奏を鑑賞するって感じでしょうか。

観客の歓声や拍手もカットされてるし。

最初見た時はちょっと迫力不足かなと思いましたが、見慣れてくればこれはこれで楽しみながら見れました。

 

『スターレス』ライヴ映像

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 15:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その533『ミッドナイトクロス』

ブライアン・デ・パルマ監督『ミッドナイトクロス』がブルーレイにて再発されました!

いや〜めでたいめでたい!

 

今まで持っていたDVDが本編のみの収録でしたからね。

それが3種類の日本語吹替えが収録されるっていうんですから、そりゃ買うっきゃないでしょう。

 

当然ブルーレイですから画質もグッと向上してました。

 

改めて見直してみると、最後の花火のシーンから雪降る中ナンシー・アレンとの何気ない会話を収録したテープを聞いてるジョン・トラボルタの姿が悲しすぎます。

なんていいシーンなんだ。

 

ナンシー・アレンが殺される時のワンピースが結構お気に入り。

この時のナンシー・アレンはカワイイなあ。

『ロボコップ』ではガッカリしましたから。

 

3種類の日本語吹替えもそれぞれ味があってどれもいいです。

TBS版では国広富之さんが声を当ててますが、国広さん声優もやってたなんて知らなかったあ。

 

特典映像にはスタッフやナンシー・アレンのインタビューが収録されてますが、当時は大したヒットにならなかったようですね。

今じゃデ・パルマ作品でも人気作ですが。

それでも再評価されてて嬉しいです。

 

You Tubeには日本版予告編がありました。

音楽がEL&Pだし。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 20:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
nonnative NN-C3303

ちょっと時間が空いたのでショップへ行って洋服を物色。

 

あれも欲しいこれも欲しいと思いましたが、12月もなにかと使いそうだしグッと堪えましたが、50%OFFコーナーに春夏物のノンネイティブのジップアップパーカーが置いてあるじゃないですか!

 

最近奥さんの買い物に付き合ってばかりで自分の洋服なんにも買ってないし、50%OFFだし、この色のパーカー持ってないし、と自分に良い方に良い方に考えてつい買ってしまった。

 

表示ではオリーブとなってますが、実際はカーキに近い色。

 

まあ定番アイテムだし長く付き合っていけるでしょう。

 

 

JUGEMテーマ:ファッション

author:あんくん, category:DIARY, 20:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤738
評価:
Radiohead,レディオヘッド
XL Recordings
¥ 1,224
(2007-12-31)

ダリオ・アルジェント監督の『サスペリア』がリメイクされるというニュースを知った時は喜びました。

これで少しは若い世代にも、昔『サスペリア』というものスゴイ映画があったんだ、ということが分かってもらえるかなと思ったもんで。

 

そして次にサントラをレディオヘッドのトム・ヨークが手掛けると知った時は更に喜びました。

というのも、これで映画に興味のない人でも『サスペリア』を知ってもらえる機会になるのではないかと思ったので。

 

無事1月には日本で公開されることが決まり、更に県内の映画館でも上映されるということなので、これは1月が楽しみで楽しみで待ち遠しいです。

 

で肝心のレディオヘッドの方ですが、実はそんなに詳しくなかったりします。

聞くようになったのもここ数年の話。

なので初期がどんなサウンドで、それが時間を経てどのような変化していったとかは全然知りません。

イメージでは徐々にエレクトロの方向に向かって難解なサウンドに寄ってった印象を受けますが。

 

ということで後追いで聞いた2007年にリリースされた『IN RAINBOWS』ですが、これは好きなアルバムですね。

かなり昔にNHK-BSでレディオヘッドのスタジオライヴを放送してて、そこでこのアルバムに収録しているぁWEIRD FISHES/ARPEGGI』を演奏しているのを見たのですが、3本のギターが絡み合う超カッコイイ曲でシビれました。

 

それもあって『IN RAINBOWS』を買ったのですが、これはイメージしていた難解さはなく素直に良い曲が多く収録されてるなあと思います。

ただ万人受けするかなあ?って感じですが、全英全米共にチャート1位ですからそんな僕の思いは不要ですね。

 

芸術性の高いロックって感じでしょうか。

 

『WEIRD FISHES/ARPEGGI』のスタジオライヴ映像。

僕が見たのこれですね。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 16:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
那須サファリパークとN's YARD

11月は茨城県民なら那須サファリパークの入場料が半額だということを知り、その事を奥さんに言ったら早速行こうということになり、急遽那須へ行くことに。

 

実はサファリパークは体験したことがなく人生初。

那須サファリパークの前は何度も通ったことあるんだけど、初めて入りました。

 

正直子供が楽しめるものなんだろうと思ってましたが、いや〜これが夫婦揃ってキャッキャ言いながら存分に楽しんじゃいました。

さすがに猛獣の近くには行けなかったけど、草食動物が間近で見れて大迫力。

 

 

肉食動物は夜行性なので昼間はずっと寝てばかりらしく、次回はナイトサファリに行ってうろつき回るライオンやホワイトタイガーを見てみよう。

 

お昼は奥さんが探してくれたイタリアンのお店『ジョイア・ミーア』にて。

那須では有名なお店なのかな?

席に着くまで20分くらいは待ちました。

 

パスタ超うまかった!

 

 

午後は特に予定決めてなかったけど、調べてみたら奈良美智さんの作品が展示してある『N's YARD』という美術館があることを知りそちらへ行くことに。

なんでも奈良さんは現在那須を拠点に作品作りをしているようで、このような美術館が出来たそうです。

 

館内は奈良さんの作品や奈良さんの好きなレコードジャケット、他の作家さんの作品などが展示してありとても素敵な空間でした。

1枚くらい自分の家に飾りたいくらい。

 

帰りには奈良さんのグッズも数点購入。

 

今日の那須は雪が降るほど寒かったけど、非常に充実した1日だったなあ。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:あんくん, category:DIARY, 22:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ボヘミアン・ラプソディ

『ボヘミアン・ラプソディ』見て来ました。

 

当初は見るかどうか迷ってましたが、あまりにもSNSで絶賛の嵐なのでそれならばと見たのですが、いやはや絶賛する気持ちが分かります。

なんたって大してクイーンに興味のない奥さんが泣いちゃっているくらいですから、クイーンが好きな人にはたまらない映画になったのではないでしょうか。

他にはうちの奥さんのようにクイーンを知らない人が、これでクイーンにハマったって人も多くいるようです。

 

ラストのライヴ・エイドの映像は圧巻ですね。

これはテレビの小さい画面で見るんじゃなく、映画館の大きなスクリーンで、そして大音響で見るのが一番楽しめると思います。

 

出演者全員クイーンのメンバーになりきってましたが、中でもブライアン・メイとジョン・ディーコンは似てたなあ。

帰ってきてから本物を奥さんに見せたらあまりにも似てて大笑いしてました。

 

メアリー役の子『シング・ストリート 未来へのうた』に出てた子だったんですね。

あまりにも綺麗になっちゃってたんで分かりませんでした

 

NHKの『SONGS』でもクイーンが特集されてて、これからクイーンが盛り上がっていきそうです。

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 20:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark