RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤758
評価:
LUCKY TAPES
ビクターエンタテインメント
¥ 3,184
(2018-10-03)

今年で最後となってしまった『結いのおと』。

今まで3回参加してきましたが、それまで知らなかった素敵なアーティストと出会えた素晴らしいフェスでした。

 

sebuhirokoさん(2016年)やKan Sanoさん(2017年)を知ったのも結いのおとで。

LUCKY TAPESも2017年の結いのおとのライヴで見て知りました。

 

その頃はまだインディーズでしたが、徐々に知名度を増し2018年にはメジャーデビュー。

『dressing』はメジャー1stアルバムになります。

 

1stとはいえインディーズでアルバムはリリースしてたし、もうしっかりLUCKY TAPESとしてのサウンドは確立してますね。

ホーンをフューチャーした気持ち良いお洒落なサウンドが聞けます。

 

 22』は先行してリリースしたEP盤にも収録されてるリード曲。

MVもカッコイイ。

 

ぁBalance』とか聞くと都会の街並みが目に浮かびます。

 

ァGossip』はハードなギター全開のファンキーな曲。

 

ΑLonely Lonely』ではCharaがフューチャリングされてます。

 

АGravity』はインディーズ時代にシングルとしてリリースしてる曲。

 

『MOOD』も先行EP『22』に収録されてますね。

MVもあります。

 

『ワンダーランド』は名曲じゃないですか。

クリスマスを思わせる曲調ですが、間奏のホーンアレンジとスライドギターが素晴らしい。

こうゆうアレンジセンスがやはり飛び抜けてますね。

 

CDにはライヴを収録したDVDも付いてます。

 

『ワンダーランド』MV

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 17:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
結いのおと2019

今年も結城市で行われる音楽フェス『結いのおと』の季節がやって来ました。

今年で6回目の開催ですが、僕は今回3回目の参加。

去年は予定が入って来れませんでしたが、毎年『結いのおと』はとても楽しみにしているイベントなんです。

 

今日はとけた電球から始まり、mabanua〜T字路s〜Shing02〜Caravan〜唾奇、と見て回りました。

 

『結いのおと』はとてもゆるいフェスで、のんびり回りながら見れるとても心地よいフェス。

そんな頑張らなくてもいいところが気に入ってるのですが、なんと今回でフェス終了とのこと。

 

これはとても残念。

 

まあこの手のイベントを維持していくのは並大抵なことではないと思いますが、数年後復活することを願ってます。

 

そして『結いのおと』はまだ明日も開催されてます。

明日行かれる方ぞんぶんに楽しんで来てください。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:あんくん, category:DIARY, 21:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ハロウィン(2018)

『ハロウィン』の新作見て来ました。

 

実は『ハロウィン』シリーズを映画館で見るのが初。

なのであのテーマ曲が大きなスクリーンで流れてきた時は、結構感動するものがありました。

 

物語は第1作から40年後の話。

なので今までの続編やリブートは全てなかったことに。

 

第1作では逃げまどっていただけのジェイミー・リー・カーティスも、今作ではマイケル・マイヤーズを自らの手で葬ってやろうと戦います。

しかも一人ではなく娘や孫娘の3人組での戦い。

このマイケル対ローリー家の戦いもなかなか胸躍るものがありました。

 

いや〜ジェイミー・リー・カーティス貫禄ありますね。

過去に『ハロウィン』シリーズでは『ハロウィンH20』や『ハロウィン レザレクション』にも出演してましたが、今作が一番カッコイイです。

元祖スクリームクイーンの叫び声も聞けましたし。

 

ロブ・ゾンビ版ではバイオレンス色が強すぎましたが、ここではそこまでのバイオレンスはなく、過去の『ハロウィン』より少し強めって感じでしょうか。

 

監督のデヴィッド・ゴードン・グリーンは、一時期リメイク版『サスペリア』の監督を予定されてた人ですよね。

今回初めて彼が監督した作品を見ましたが、ちょっと彼がリメイクした『サスペリア』も見たかった気持ちになりました。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 23:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤757
評価:
Ai+BAND
PSC
¥ 1,450
(2004-09-15)

いよいよ待ちに待った本田毅さんのソロデビューアルバム『Effectric Guitar』が今週リリースされます。

今回が初のソロアルバムってのもかなり遅いですが、それだけ待った甲斐のある素敵なアルバムなんだろうと今からワクワクしています。

 

本田さんといえばPERSONZ〜GITANE〜fringe tritoneとバンドを組んできましたが、忘れてならないのがAi+BAND。

ヴォーカリストAiさんのバックにジュンスカの純太さん、リンドバーグの川添さん、ユニコーンの川西さん、そして本田さんが参加したAi+BAND。

 

最初はカバー専門の企画物のような存在でしたが、徐々にオリジナル曲も増えしっかりバンドとして活動してました。

『FIGHTING GIRL★★』は6曲入りのミニアルバムですが、メンバーが曲作りに参加していて、メンバーの個性が分かる面白いアルバムになってます。

 

純太さん作曲 FIGHT GIRL★★』は元気いっぱいのパンクナンバー。

 

Aiさんが作曲した◆TOMORROW』の作詞はジュンスカの宮田さん。

 

Aiさん作詞作曲『4月11日。』はアメリカンなバラード。

 

ぁLITTLE WING』はリンドバーグのカバー。

 

ァ惘鵑ざの向こう側』は純太さん作曲のミディアムナンバー。

 

本田さん作曲Α悄屬△蠅とう」・・・to all my best friends』は本田さんらしくないパンクナンバー。

Ai+BANDのカラーに寄せたためこの手の曲になったんだろうけど、ちょっと意外で面白いです。

でも間奏はやはり本田さん。

 

『FIGHTING GIRL★★』のMVあるらしいけど見つからなかったので、シングル『DEAR FRIENDS』のMV貼っときます。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 13:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
早くも破産決定

これから数カ月の間にホラー系円盤のリリースラッシュが始まります。

 

7月にはリメイク版『サスペリア』と、オリジナル『サスペリア』のブルーレイがリリース。

オリジナルの方は何と4K Ultra HD仕様。

4Kの再生機持ってないけど、今後買うかもしれないしなあ。

しかし定価1万超えは痛い。

 

リメイク版には吹替えが付いてないようだけど、今からでも遅くない、吹替えを作成してくれ〜!

 

『チャイルド・プレイ』もいよいよ7月にブルーレイでの発売が決定!

肝心の第1作目だけが未ブルーレイ化でしたが、やっとこれで全作ブルーレイになります。

しかしキングレコードからの発売ってことで、懸念していた値段がやはり驚きの1万超え。

まあ通常版は半額ですが、やはりここは2枚組の<最終盤>を買うことになるでしょう。

 

8月にはこれまたキングレコードから『死霊のはらわた/キャプテン・スーパーマーケット』待望のブルーレイ化決定。

当然買うなら<最終盤>なので、ここでも1万円飛んでしまいます。

 

他にホラー・マニアックスシリーズも毎月出るし、音楽CDだって欲しいのが出てくるだろうから、買うタイミングも含めて頭を悩ませています。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:あんくん, category:DIARY, 15:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Base Ball Bear Live at 水戸ライトハウス

日曜日にベボベのライヴに参加して来ました。

 

3人体制でのライヴは一度昨年のロッキンで見てますが、フルセットでのステージは初。

どんなステージかとても楽しみでした。

 

約2時間弱のライヴでしたが、とても楽しいライヴでした。

一概に4人の時とどうかなんて比べることは出来ないけど、今までと同様熱く楽しいライヴでした。

 

一番ビックリしたのがベースの関根嬢のスキルの高さ。

こんなに上手かったっけ?

 

指弾きだろうがピック弾きだろうが、ぶっ太い音でブリブリいわせてました。

お立ち台に上った時のカッコ良さも男の俺が見ても惚れ惚れするほど。

なんかバンド全体のグルーヴを引っ張ってるように見えました。

 

小出さんがMCでここ数年のライヴを武者修行と例えてたけど、その成果が表れてバンドの一体感も含め凄まじい勢いで進化してるなと感じました。

 

今後更に高みに上っていきそう。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 20:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤756
評価:
小出祐介
ユニバーサル ミュージック
¥ 4,000
(2017-04-12)

本日は水戸ライトハウスでBase Ball Bearのライヴ。

水戸には毎年のように来てくれてありがたいです。

 

デビュー以来メンバー4人で活動してきたベボベですが、2016年にギターの湯浅さんが脱退してそれからは3人での活動を続けてる。

2017年にリリースされた7thアルバム『光源』は、3人体制になってから初のアルバム。

ある意味二度目のデビュー作って感じでしょうか。

 

一番興味あったのが、やはりギターパートをどうするかってこと。

誰かゲストを招いて弾いてもらうのかと思ってたら、クレジット見るとなんとギターは小出さんが全て弾いているよう。

ギターソロまで弾いちゃってるし、湯浅さんがいる時はバッキングに徹してましたが、ソロもなかなかのものです。

 

曲のクオリティは相変わらずで、3人になったからって大きなマイナスはそんなに感じずホッとしました。

でも3人で続けるって決めたからには相当な覚悟があったはずだし、今までのものより更に良いものを作ってやるっていう気合いもあったはず。

それがちゃんと形になって表れてますね。

 

初期のような8ビートの曲はグッと少なくなりましたが、大人なベボベサウンドもカッコイイです。

 

アルバムのラスト曲に合いそうなА悒螢▲螢謄ーズ』をあえて最後に持ってこなかったのは、このアルバムをあまりシリアスに感じて欲しくなかったからなのかな?

 

 悗垢戮討老のせいで』MV

本田翼がかわい過ぎる!

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 21:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
2019年春アニメ

4月から始まるアニメで特に楽しみなのが『キャロル&チューズデイ』。

 

なんてったてキャラクターデザインが窪之内英策先生ですからね、それだけで楽しみです。

 

他は少年誌青年誌に連載されてるものが多い。

 

『女子かう生』、『ぼくたちは勉強ができない』、『四月一日さん家の』、『淫らな青ちゃんは勉強ができない』、『なんでここに先生が!?』などなど。

 

勉強ができないってタイトル2つあるけど流行ってるのか?

 

まあ全部は見れないだろうから、2,3週見てハマらなかったら予約削除。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:あんくん, category:DIARY, 20:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
2019年春ドラマ

この4月から見るドラマいくつかチェックしています。

 

『漫画みたいにいかない。』の続編『遊戯みたいにいかない。』と、『電影少女』は前作も見てるのでチェック。

 

あとは同世代の男が主人公だと興味がありますね。

 

ということで『東京独身男子』と『癒されたい男』もチェックしてます。

 

『いだてん』も見てるし、全部見れるかどうか不安。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:あんくん, category:DIARY, 21:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
伊藤潤二画集出版記念展

日曜日に日比谷まで『ショーン・オブ・ザ・デッド』を見に行って来ましたが、ちょうどタイミング良く有楽町駅近くにあるSPAN ART GALLERYで伊藤潤二さんの個展『異形世界』が行われているのでそちらも見に行って来ました。

 

画集『異形世界』の出版記念展らしいですが、マンガの原画が展示してあってじっくりと鑑賞してきました。

 

印刷物でもスゴイ画力と分かりますが、原画はさらに細かい書きこみが見れて頭クラクラしそうです。

 

一体1ページにどれだけの時間をかけているんだろ?

 

グロテスクな絵の発想など見ても、やはり天才なんだなと実感しました。

 

グッズも数点ありましたが、そんなに高いもの買えないのでポストカードだけを購入。

 

一緒に行った奥さんは大して興味なさそうでした。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:あんくん, category:DIARY, 18:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark