RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤802
評価:
JILL,渡辺貢,藤田勉
EMIミュージック・ジャパン
¥ 1,300
(1995-04-08)

高校時代から現在まで聞き続きているパーソンズですが、一時期興味を失っていた時期もありました。

CDは買ってましたがそれほど思い入れもなく、出たから買っているようなような状態。

 

それが9thアルバム『Ours』を出した頃でしょうか。

自分もこの頃は洋楽一辺倒で邦楽自体をあまり聞いてない時期。

 

本田毅さんがバンドを抜け3人体制になってからの7thアルバム『The Show Must Go On』は、本田さんが抜けた穴を感じさせない意地を感じるアルバムでしたが、8thアルバム『砂の薔薇』ではシンセを多様しかなりポップな印象になり、『Ours』では好きだったパーソンズらしさがかなり減った印象。

 

バンドの方向性を模索していたのかもしれないし、JILLさんのインタビューでも曲作りにかなり苦労していたようです。

 

正直今聞いても『この曲いる?』と思えるいわゆる捨て曲と感じる曲もありますが、シングルとなった VENUSの憂欝』とァStay as a Friend〜友達のままで〜』はさすがの名曲。

ちなみにシングルのカップリングには『SUPERSONIC BABYS』と『水に映った月』のライヴバージョン。

 

パーソンズらいし8ビートの曲ではぁBitter Tears』があります。

てっきり渡邉さんか藤田さんの曲だと思ったらJILLさんの作曲なんですね。

 

ロックっていうよりポップ寄りになっていった印象が強いですが、この時期のライヴを収録したDVD『Ours』を見るとそんなこともないんですよね。

東京に住んでたんだしライヴにも行っときゃ良かった。

 

『Stay as a Friend〜友達もままで〜』

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 23:55
comments(0), -, pookmark
私的名盤801
評価:
フィル・コリンズ,フィリップ・ベイリー・ウィズ・フィル・コリンズ,フィル・コリンズ&マリリン・マーティン,フィリップ・ベイリー,マリリン・マーチン
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 1,795
(1998-10-05)

フィル・コリンズのオリジナルアルバムも買わなきゃなあと思いつつ持っているのがベスト盤とライヴ盤の2枚のみ。

そうこうしている内にオリジナルアルバムの日本盤も見かけなくなっちゃいました。

レアトラックとかはいらないから再発してくれないかなあ(出来れば紙ジャケで)。

 

そして持っているベスト盤『ベスト・オブ・フィル・コリンズ』は1枚ものですが、その拡大盤『シングルズ・コレクション』というCD3枚組がなんと3年前に出てたんですね。

全然知りませんでした。

まずはそちらを買わなくちゃ。

 

ある意味ジェネシスより成功してしまったソロ活動。

『ベスト・オブ・フィル・コリンズ』収録曲見てもほとんどがTOP3入り。

今思うとよくこんな頭の禿げ上がったオッチャンがこんなにヒット曲出したものだ。

 

まあ確かに曲はいいですね。

特にバラードは絶品。

印象的にもバラードの人ってイメージが強いです。

 

◆悒肇ゥ襦次Εラーズ』はシンディ・ローパーのカバー曲だし、ぁ慘はあせらず』はシュープリームスのカバー。

 

『イージー・ラヴァー』はアース・ウィンド&ファイアーのフィリップ・ベイリーとのデュエット曲。

 

ァ悒帖次Ε蓮璽帖戮皀僖辰畔垢と昔のアメリカンポップスのように聞こえるけど、これはフィルのオリジナル楽曲。

 

А惴つめて欲しい』は映画『カリブの熱い夜』のテーマ曲。

 

『ワン・モア・ナイト』もフィルの代表曲。

いかにも80年代なシンセがいい感じ。

 

『見つめて欲しい』MV

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 12:01
comments(0), -, pookmark
私的名盤800

昨年末にピンク・フロイド後期の音源をまとめたBOX『ザ・レター・イヤーズ 1987-2019』が発売されました。

 

そのBOXが豪華で5CD、6Blu-ray、5DVDの16枚組セット。

その他にも写真集やプログラムのレプリカなどの付属品も付いてくる。

そうなればお値段も高いんでしょう、ってことでなんと55,000円!

 

よほどの成功者でなければ手に入れられない代物。

半額だって買えないって。

 

そしてそのBOXの中には1988年のツアー映像『光〜パーフェクト・ライヴ!』が収録されてる。

1994年のツアー映像『驚異』はDVD化されましたが、『光〜パーフェクト・ライヴ!』はビデオのまま(ビデオは持ってます)。

ずっとDVD、もしくはBlu-ray化を心待ちしてましたが、まさかこんな形でのBlu-ray化とは。

バラ売りしてくれ〜!

 

残念ながら映像は当分見れませんが、ライヴCD『光〜パーフェクト・ライヴ!』で脳内で映像を思い浮かべよう。

 

デヴィッド・ギルモア主導でピンク・フロイドを復活させ発表したアルバム『鬱』に伴うワールドツアーからの演奏を収録。

当然『鬱』からの楽曲が多いですが、もちろん多くのヒット曲も演奏してます。

 

しかもセットが驚くほど豪華。

目で楽しめて、音楽でも楽しめるテーマパークのようなライヴ。

 

この時のツアーでは来日もしてますが、それ以後来日はしていないし今後もないでしょう。

1988年といえばまだ17歳。

ピンク・フロイドなんてバンドも知らなかったし、もし知っていてもライヴには行けてなかっただろうな。

 

当時のライヴを目の当たりにした人羨ましい!

 

DISC2─悒薀鵝Ε薀ぅ・ヘル』ライヴ映像

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 13:59
comments(0), -, pookmark
私的名盤799
評価:
クイーン
ユニバーサル ミュージック
¥ 2,641
(2013-10-30)

アダム・ランバードをボーカルに迎えてのクイーンの来日ツアーですが、どこの会場も盛大に盛りあがったコンサートになったようですね。

僕もチケット申し込みましたがあえなく落選。

『RADIO GA GA』で手を上げたかったなあ。

 

他に一緒に歌いたい曲といえば『伝説のチャンピオン』でしょうか。

その『伝説のチャンピオン』が収録されてるのが1977年にリリースされた6thアルバム『世界に捧ぐ』。

 

なんと1曲目が『ウィ・ウィル・ロック・ユー』、続く2曲目が『伝説のチャンピオン』と2大ヒット曲から始まります。

もう掴みはOKですね!

 

『シアー・ハート・アタック』は3rdアルバムのアルバムタイトルですが、なんでもその時に入る予定だったのがアルバムのトータル性に合わなく外されたよう。

でも1977年といえばパンクが台頭してきた時期。

曲調からすればこの時の方が時代性には合ってるような。

 

当時のA面でいう 銑Δ隆屬縫瓮鵐弌4人それぞれの楽曲が収録されてるって点でも、メンバーの個性が均等的に表れているのかなって思います。

 

『マイ・メランコリー・ブルース』は『タモリ倶楽部』の空耳アワーに出ましたね。

 

ほとんど3分台の曲でコンパクトにまとまってますが(『イッツ・レイト』のみ6分台と長尺)、『ウィ・ウィル・ロック・ユー』と『伝説のチャンピオン』のインパクトが大きすぎて他の楽曲がちょっと影薄い気もします。

 

『伝説のチャンピオン』MV

 

 

『マイ・メランコリー・ブルース』の空耳もあったのでそちらもどうぞ。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 13:22
comments(0), -, pookmark
私的名盤798

洋楽だけじゃなく邦楽のプログレも聞かなくちゃと思い、まず手を出したのが四人囃子の1stアルバム『一触即発』。

ガイド本など見てもまず最初に出るのがこのアルバムだしね。

 

で買って数回聞いたところで奥さんから聞くの禁止にを言い渡されちゃいました。

なんでも歌を聞くと怖くなるらしい。

ということで何年も(10年以上)封印してましたが、最近ふと思い出しこっそり聞き続けてました。

 

そこで改めて『四人囃子って凄い!』ってビックリしました。

曲も構成もいいし演奏テクニックも素晴らしい。

これを当時二十歳そこそこの若者が作ったなんて信じられません。

 

中でもぁ悵貎即発』の演奏は凄まじい。

特にドラムが上手すぎるでしょ。

洋楽のプログレにも負けず劣らずの演奏力です。

 

歌詞は1974年ということを考えれば古い感じもしますが、逆に今の若い子には新鮮だったりして。

 

四人囃子というと日本のピンク・フロイドってよく言われますが、確かにピンク・フロイドっぽさももちろんありますが、その他にも色んなバンドの影響を受けてるんじゃないかなあって思います。

キーボードなんてEL&Pっぽさを感じたりしました。。

 

僕が持っているCDにはボーナストラックとしてシングル曲Α惷飛ぶ円盤に弟が乗ったよ』とА悒屮┘鵐妊ア』を収録。

後にプロデューサーとして大成功する佐久間正英さんが参加しての楽曲。

もう『一触即発』とはかなり方向性の違った楽曲になってますね。

 

四人囃子は『一触即発』しか持ってないけど、他のアルバムも聞きたくなってきました。

でもオリジナルアルバム廃盤になっちゃってるんだよなあ。

 

『一触即発』ライヴ映像

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 19:28
comments(0), -, pookmark
私的名盤797

 

先週の国立代々木競技場第一体育館でのライヴに続き、本日LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で追加公演を行うバービーボーイズ。

本日見に行かれる方、ぞんぶんに楽しんできて下さい。

 

バービーボーイズは10年前にも活動しましたが、今回の再始動と違うのは新譜をリリースしたという点。

なんでもコンタの意見だったようですが、ただライヴをするだけじゃなく最新型のバービーを見せたかったようです。

 

そして出来上がったのが5曲入りの『PlanBee』。

HMV限定での発売だったので新譜出たの知らない人も多かったようです。

 

CDリリース前にリード曲◆慳掬┐離凜.譽蝓次戮MVがYou Tubeにアップされましたが、昔のバービーそのまんまでとても嬉しくなりました。

こうゆうのって期待が大きすぎて実際聞いてみるとアレッ?ってことが多いですが、バービーに関しては全然そんなことなかった。

 

そしてCD発売日に買いに行きCDを聞いてみますと、5曲ともそれぞれカラーがあって素敵な楽曲ばかり。

バービーらしい懐かしさは当然あるけど、それと同時に古さを感じない現代さもあって、正に最新型バービーサウンドでした。

 

ギターが空間系よりザクザクしたサウンドになってるのが昔とは違いますね。

 

ぁ悒リビアンライフ』はイマサがボーカル担当。

 

ァ應討鵑任澆擦蹇戮魯弌璽咫璽侫.鵑砲呂馴染みの曲。

これはライヴを収録したのかな?

 

先日のライヴでは『PlanBee』から全曲披露したし、メンバーも手応え感じた証拠なんでしょう。

 

そして先日のライヴに行った人にはお土産として『あいさつはいつでも』と『まかせてTonight』の2曲を収録したCDが配られました。

なので今回の再結成に関しては全7曲の音源が作られた訳で、ただ単に集まっただけじゃなくちゃんと制作意欲の沸いたプロジェクトだってことが分かりますね。

 

『無敵のヴァレリー』MV

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 15:20
comments(0), -, pookmark
BARBEE BOYS『突然こんなところは嫌いかい?』

バービーボーイズのライヴを見に国立代々木競技場第一体育館に行って来ました。

 

バービーのライヴを見に来るのは10年前の日本武道館以来。

10年経っているのでパフォーマンス落ちたのかなあって思ってたけど、いやいや全然そんなことなくパワフルな演奏をしてくれました。

 

まだ渋谷公会堂でのライヴがあるので詳しくセットリストは書けませんが、過去のヒット曲+新作『Plan Bee』からの選曲となってました。

 

圧巻だったのは『STOP!』でしょうか。

杏子さんの歌声、ステージングに目を奪われました。

歌唱力絶対昔より今の方が上手い!

 

コンタはちょっと高音きつそうな箇所があったかな。

 

『chibi』のアコースティックバージョンも良かった。

演奏だけじゃなくコーラスも抜群に上手いことが分かりました。

 

演奏時間はきっかり2時間。

夢のような時間を過ごせました。

 

来場者へのお土産は新曲のCDってのもイカしてるなあ。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 23:56
comments(0), -, pookmark
私的名盤796
評価:
本田 毅
テイチクエンタテインメント
¥ 2,602
(2019-04-17)

今週15日に本田毅さんのライヴDVD『Effectric Guitar scape ZERO Band Style』がリリースされます。

昨年6月15日全労済ホール/スペース・ゼロでのライヴを収録したDVDで、実際その場に自分も参加したライヴなので、またあの興奮を味わえると思うと手元に届くのが待ち遠しいです。

 

そんなホールでライヴが出来るのも待望の1stソロアルバム『Effectric Guitar』をリリースしたお陰でしょうか。

 

正に待ちに待ったソロアルバム。

しかも打ち込みにギターを乗せたようなアルバムではなく、ちゃんとドラムとベースを生演奏で収録してるのが嬉しかった。

 

本田さんらしい中近東っぽいイントロから始まる BRAHMA』からゾクゾクしますね。

このエスニックな雰囲気はGITANEの頃からよく聞きます。

АMOROCCAN BLUE』でも同じく中近東っぽいフレーズを披露。

 

僕が本田さんのプレイで一番好きなのがクリーンサウンドのカッティング。

それを存分に聞けるのが◆7th edges』。

このカッティング気持ちいいんだよなあ。

一応歌詞らしいものは付いてますが、ヴォコーダー処理されてるので歌というよりはサウンドの一部って感じでしょうか。

 

他にも歌詞が付いてる曲ありますが、やはりヴォコーダー処理されてるので歌物って訳ではないです。

そこは次に出るであろう2ndアルバムに期待しましょう。

 

ぁ愎森函戮魯織ぅ肇訥未螢ング・クリムゾンを連想する楽曲。

もうリフ聞いただけでクリムゾンだなって分かりますね。

 

ァNOISE DNB』ではベースに本田聡さん、ドラムには斎藤篤生さんのフリンジ・トライトーンの二人が参加。

疾走感あるハードロックを鳴らしてくれてます。

 

二人のリズム隊は─BLOOM』と『HARM ROCK』にも参加。

クリムゾンの楽曲に『VROOOM』ってあるけど、何か関係あるのかな?

 

ΑTECHFXX』でもクリーンなカッティングを聞かせてくれますが、こちらは4つ打ちのディスコっぽいナンバー。

こうゆう踊れるタイプの曲も作れるんですね。

 

アルバム先行予約する際ブックレットのスペシャルサンクスに応募者の名をクレジットしてくれる特典がありましたが、もちろんクレジットさせて頂きました。

 

アルバムの動画がなかったのでRoland/BOSSでの新製品発表会の動画貼り付けておきます。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 17:44
comments(0), -, pookmark
私的名盤795
評価:
イアン・マクドナルド,マイケル・ジャイルズ
イーストウエスト・ジャパン
¥ 16,628
(1998-05-29)

2020年となった今年、50年前の1970年には名盤といわれるロックアルバムが次々とリリースされました。

この年から5年間は本当にロックが一番輝いた時代ではないでしょうか。

 

そうすると50周年記念アルバムも今年色んなアーティストから出てくるのかも。

 

マクドナルド・アンド・ジャイルズの唯一のアルバム『マクドナルド・アンド・ジャイルズ』も1970年リリースなので今年50周年。

何かリリースがあってもおかしくないですね。

 

キング・クリムゾンを脱退したイアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズがマイケルの弟ピーター・ジャイルズと作ったアルバムですが、一部の人からは同時期にリリースされたクリムゾンの『ポセイドンのめざめ』よりこちらの方が好きって人もちらほら伺えます。

確かに僕も名盤に相応しいアルバムだと思います。

同じくらい『ポセイドンのめざめ』も好きですが。

 

長尺の 愾閥淵歪皇粥戮筬ァ悒弌璽疋泪鵝戮旅柔やメロディを聞くと、やはりイアン・マクドナルドの才能は凄い。

『クリムゾン・キングの宮殿』での貢献度も物凄いんだろうなと納得できます。

しかもほとんどの楽器を演奏しているというマルチぶり。

 

マイケルの独特のドラミングも素晴らしい。

すぐバンドを抜けるクセがなければ世界的なプレイヤーになっていたのではないでしょうか。

 

ピーターのベースも二人と遜色ないテクニック。

まあそれは『ポセイドンのめざめ』にも参加していることでも証明してますね。

 

美人のガールフレンドと一緒に写ってるアルバムジャケットも良い感じ。

 

◆悒▲ぅ咼垢糧行』

クリムゾンの『ケイデンスとカスケイド』の原曲。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 14:15
comments(0), -, pookmark
私的名盤2019年総括

2019年買った新譜CDはこちら。

 

Alessia Cara

『The Pains of Growing』

 

 

アヴリル・ラヴィーン

『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』

 

 

Tal Wilkenfeld

『Love Remains』

 

 

P!NK

『Hurts 2B Human』

 

 

Sara Bareilles

『Amidst The Chaos』

 

 

Esperanza Spalding

『12 Little Spells』

 

 

Carly Rae Jepsen

『Dedicated』

 

 

なんととうとう新譜はこの7枚しか買ってない。

しかも女性ヴォーカルのみ。

 

洋楽の新譜はこの7枚ですが、CDはかなり買いました。

邦楽も買ったし、旧譜も今まで買えてなかったのを一気に買いました。

 

キング・クリムゾンのライヴ盤も買おう買おうと思って買えてなかった5タイトルを思いきって購入。

 

前は自分の感覚(センス)が古くならないよう旬の新しい音楽も聞くようにしてましたが、ここ数年パッとするアーティストに出会えてなく、それだったら無理して新しいの聞くより前から好きだったアーティスト聞いた方が健全なんじゃないかと思い初めて、よほど気に入ったCDじゃなければ買わないようになりました。

 

やっぱり前から好きなアーティストの方がしっくりきますもんね。

 

でもCDは買ってないけどこの曲はいいと思いました。

ショーン・メンデスとカミラ・カベロの『セニョリータ』。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 17:03
comments(0), -, pookmark