RSS | ATOM | SEARCH
今更ラ・ラ・ランド

今更感がありますが『ラ・ラ・ランド』見て来ました。

奥さんは前から見たい見たいと言ってましたが、僕がどーも腰が重くその内その内と先延ばしにしてましたが、近所でちょっとだけ安く見れるってことで見に行って来ました。

 

見てみたらオープニングから最高でしたね。

画面の色も華やかで正にザ・アメリカって感じ。

ミュージカルって外人がやると本当サマになります。

レトロな雰囲気も良いです。

 

タップシーンも良かった。

これも日本人がやったらまた違って見えてしまうんだろう。

一つ一つの仕草がカッコイイです。

 

そして音楽も良かったです。

男性がジャズピアノ弾くのって憧れるなあ。

ピアノ弾くならクラシックよりジャズですよね。

 

ライアン・ゴズリングはダンディだったなあ。

スーツ姿がよく似合う。

皮ベルトの時計もカッコイイ。

ピアノも特訓したみたいですが、それでもここまで弾けるようになるんですから大したものです。

 

ラストシーンは賛否出るかな。

実際現実なんてそんなもんなんだろうけど、映画の中ではハッピーエンドでも良かったのかも。

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 21:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
是空、スティングレイ、ホラー・マニアックスは信用してます

マニアックなタイトルをDVD、ブルーレイでリリースしてくれる是空のインタビュー読みました。こちら→

僕も数タイトル購入してます。

 

やはりこれくらい熱意を持ってソフト化してくれる会社は信用しちゃいますね。

1枚5,000円くらいするからそんなにちょいちょい買うことは出来なけど、なんとか捻出して買っていきたいと思います。

 

同じようにスティングレイとホラー・マニアックスシリーズも信頼してます。

 

中には値段高いからもうちょっと安くしてくれ、という意見もありますが、こんなマニアックなタイトルはメジャー作品に比べればそんなに売上見込めないし、その心意気に応えなきゃいけないのが僕達購買者だと思ってます。

 

なので『スペースバンパイア』の日本語吹替え付き、メイキング映像付きのブルーレイをどこかで出してくれませんか?

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 21:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
『この世界の片隅に』見て来ました

『この世界の片隅に』評判になってる映画だし、のんちゃんが声優してるし気にはなってはいましたが、どうも戦争映画って苦手なもので見に行くとまではいかなかった。

でも奥さんが見てみたいと言ってきたので、それならばと映画館へ向かいました。

近所では上映されてないのでひたちなか市のTOHOシネマズまで行ってみることに。

 

上映は1日1回のせいなのか、劇場は満席でした。

こんな田舎の映画館で満席なんて初めてのこと。

しかも年配の方が多かったですね。

 

映画は前半は戦時中の人々の生活の描いててリラックスしながら見れました。

笑いも所々あったし。

 

しかし後半空襲が激しくなってきてからは見てて堪らなかったですね。

町は焼け野原になっちゃうし。

戦争の怖さを感じました。

 

今現在も世界中のどこかでは戦争が行われていて、この映画のような悲しい思いをしている人がいると思うと、頭がゴチャゴチャしてきますね。

ほとんどの人が大変な思い、悲しみをするのに何故戦争が無くならないんだろうって。

 

楽しみにしていたのんちゃんの吹替えですが、これが思っていた以上に良かった。

っていうか全員の吹替えが良かったです。

方言なんか大変だったんだろうな。

 

個人的には俳優さんが声優務めるの好きではないですが、今回ののんちゃんは素晴らしかったです。

『あまちゃん』での演技も素晴らしいし、声優でも結果残してるし、表現の場以外のトラブルで出演作が少ないのはもったいない。

ホント日本を代表する才能を持っていると僕は思っているので。

これから益々表舞台に出るのを願ってます。

 

あとコトリンゴのエンディングテーマ良い曲だったなあ。

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 20:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
獄門島

BSプレミアムで放送された長谷川博己版と石坂浩二版の『獄門島』見ました。

 

人間のドロドロとした業を感じたのは石坂浩二版で、映像的にカッコ良かったのは長谷川博己版って感じでした。

 

原作に忠実なのは長谷川博己版らしいですね。

 

お互いの作品とも腑に落ちないシーンありましたが、それいったらジャーロ作品なんて見れるものじゃないから、そこは突かないでおこう。

 

『獄門島』は他に古谷一行版もありそちらも面白いと評判高いので、いつか見てみたいものです。

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 21:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
『SCOOP!』見ました

大根仁監督の新作『SCOOP!』見て来ました。

 

楽しみにしてましたがこれが期待以上の面白さで、まさか大根映画であんなに泣かされるとは。

3回は泣いてしまった。

 

見終わった後1時間以上奥さんと映画についてあーだこーだ語り合ったのも珍しい。

福山のラストの見解が僕と奥さんとで違っていて、やはり映画って見た人によって全然意見が違うものなんですね。

 

福山雅治の演技とか歌ってしっかり見たことなかったけど、改めてしっかり見てみるとやはりカッコイイですね。

ただセリフのしゃべり方がどーも好きになれないけど。

 

吉田羊は美しかった。

デキる女って感じ。

演技も素晴らしかった。

二階堂ふみを見送る福山とのツーショットの映像は最高に綺麗でした。

 

『モテキ』、『恋の渦』、『バクマン。』と大好きな作品ばかりですが、今作も大好きな1本になりました。

ブルーレイ購入決定!

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 20:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
シング・ストリート 未来へのうた

『はじまりのうた』の監督ジョン・カーニーの新作『シング・ストリート 未来へのうた』を見て来ました。

水戸での上映がないので茨城で唯一上映されてるつくばまで行くことに。

 

『はじまりのうた』も良かったけど今回の『シング・ストリート 未来へのうた』も良かったなあ。

まあ大枠は似たような作品ですけど(『ONCE ダブリンの街角で』も含む)。

 

やっぱりバンドなんて女の子を気を引きたいってとこから始まりますよね。

自分の高校時代とダブるなあ。

 

時代設定が1985年で、当時流行っていた音楽がバンバン流れるのも懐かしかった。

昔はロックといえば70年代であって80年代のロックはクソだと思ってましたが、今振り返ってみると80年代のロックもなかなかカッコイイですね。

映画の中ではジェネシスの悪口言ってますが、ジェネシスも良いバンドですよ。

 

女性の80年代ファッションやメイクもカッコイイ。

 

劇中で流れる音楽聞くとメロディって大切だよなってしみじみ思いました。

『はじまりのうた』、『シング・ストリート 未来へのうた』共に曲が良いよなあ。

ちょっと創作意欲が湧いてきましたね。

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 20:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
『シン・ゴジラ』見て来ました

ツイッターのTL上で非常に『シン・ゴジラ』の評判が高いので楽しみにしてましたが、確かに面白かったです。

展開が僕が思ってたものと違っていたので、まさかそう来るかとそこにもビックリしました。

 

冒頭乗組員のいないヨットを捜索するシーン、真っ先に思い出したのが『サンゲリア』だったりします。

 

そして最初に日本上陸してきた巨大怪獣がウネウネしていて、あれコイツはなんだ?と思っていたらそれが進化して僕が知っているゴジラになるとは。

目がマンマルでやたらとカワイイじゃないっすか。

 

ゴジラが東京のビル群を破壊していく様を見て『やれやれ、もっとやれ。東京を破壊しちゃえ』と思っている人は僕だけじゃないはず。

なので最後ゴジラが死んじゃうシーンは悲しかったなあ。

 

セリフの量も尋常じゃないです。

脚本もかなりブ厚いんだろうな。

それを早口で読む役者さん達の苦労も相当なものだったはず。

 

役者さん達の数もかなり多く、エンドクレジット見てそんな人出てたの?と思う人もいました。

柄本明さんのクセのあるジジイ振りはムカつくけど上手いなあ。

 

特撮のクオリティも素晴らしかったです。

ちょっと前にローランド・エメリッヒ版『ゴジラ』を見たのもあって、今回の『シン・ゴジラ』の出来栄えは嬉しかったです。

邦画だってここまで出来るんですね。

 

あと映画の内容を都市直下型地震に置き換えると、パニック振りが身近に感じてちょっと怖かったです。

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 23:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
シン・ゴジラ クリアファイル

いよいよ今日から『シン・ゴジラ』が上映開始されました。

 

僕も先週ムビチケを購入し、いつでも見れる状態です。

 

ムビチケを買うと特典がもらえるのですが、今回はゴジラ対エヴァンゲリオンのクリアファイル。

 

使い道がある分ポスターなんかより全然こっちの方が嬉しい。

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 21:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
明日ゴジラ放送

明日BSプレミアムで『ゴジラ(60周年記念デジタルリマスター版)』が放送されます。

 

今月『シン・ゴジラ』が公開されるのでこのタイミングで放送なのかな。

 

『ゴジラ』の1作目一度見たことありますが、今回デジタルリマスターされてるので映像も綺麗になっているんだろうな。

 

録画予約しておきました。

 

もちろん『シン・ゴジラ』も見る予定。

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 13:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ニューヨーク1997保存版

BSプレミアムでなんとジョン・カーペンター監督『ニューヨーク1997』が放送されました。

ちゃんと録画しましたよ。

 

僕が最初に買った『ニューヨーク1997』はユニバーサルから発売されたDVDで、これが字幕の出来がヒドくて全然楽しめなかった。

 

あまりにも悔しかったので東北新社から発売されてたDVDも購入。

こちらの字幕は大丈夫でしたが、特典映像はユニバーサルの方が豊富。

 

ブルーレイも出てますがユニバーサル版と同じ字幕らしいので購入していませんが、今回BSで放送された『ニューヨーク1997』は字幕も新たに作成し、フォントも大きくて見やすい。

画質も綺麗に仕上がっていて、これはブルーレイに焼いておこう。

 

是空さんから日本語吹替え収録して新たにブルーレイ出してくれないかな。

 

 

JUGEMテーマ:映画

author:あんくん, category:MOVIE, 23:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark