RSS | ATOM | SEARCH
メルトダウンの館その498『チェンジリング』
評価:
---
TCエンタテインメント
¥ 3,796
(2014-11-05)

幽霊屋敷ものの1本『チェンジリング』。

正直あんまり記憶にない作品でした。

新映画宝庫Vol.3『スプラッターカーニバル〜悪夢映画流血編〜』で紹介されてておぼろげに覚えてた程度で、すごく見てみたいと思うような映画ではなかった。

 

ただブルーレイで発売された時コメントの評価が高かったので、そこでちょっと興味を持ちました。

そうこうしているうちに、6月末でブルーレイの版権が切れてしまうということをツイッターで知り『ヤバい、買わないとプレミアが付いてしまう』と思っていた矢先中古屋でブルーレイを発見。

これは運命だと思い即購入しました。

 

ある程度予測はしてましたが、実際見てみるとかなり地味な映画でした。

前半はかなり退屈。

丁寧にじっくり物語を紡いでるといえば言葉は良いですが、逆に展開がタルいという印象も受けます。

一応怪奇現象がチョイチョイ起こるのですが、それが毎朝6時に大きな音が鳴ったり、ドアが勝手に開いたりとかなり地味なもので、見てるこちらはそんなに恐怖を感じません。

 

ただそこを我慢して交霊会のシーン以降になるとドンドン面白くなっていきます。

幽霊屋敷に隠されたミステリー的な展開になっていき、新たな真相が次から次へと明らかになり、この後どんな展開が待ち受けてるんだろとワクワクしていきます。

 

後半はショックシーンもそこまで派手ではありませんが随所に出てきます。

特に少女が床下で見る少年の亡霊のシーンは最初見た時『ビクッ!』となりました。

 

映画が地味なのは出演陣にも要因はあると思います。

主人公は中年のオヤジ(ジョージ・C・スコット)だし、彼を助ける女性もオバサン(トリッシュ・ヴァン・ディーヴァー)だし、画面から若さ溢れるキラキラ感は皆無。

その分演技力は確かなもので、トリッシュ・ヴァン・ディーヴァーが階段上にあるはずのない車椅子を見つけた時の目を見開いて恐怖におののくシーンや、車椅子に追いかけられ逃げまどうシーンなどはこちらにも恐怖が伝わってきました。

 

ジョージ・C・スコットと町の権力者メルヴィン・ダグラスが対峙するシーンも迫力あります。

 

ブルーレイにはテレビ放送時の日本語吹き替えが収録されてますが、独自の音声が入ってたりして僕は英語音声より好きかも。

本編107分ながら字幕に切り替わるシーンはなく、全編吹替えってのも良かったです。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 20:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その497『ホーンズ 容疑者と告白の角』

アレクサンドル・アジャ監督といえば『ヒルズ・ハブ・アイズ』や『ミラーズ』、『ピラニア3D』で強烈なバイオレンスムービーを撮ってましたが、そんな監督がハリー・ポッターのダニエル・ダドクリフを主演に映画と撮っているというニュースを知ってちょっと驚きました。

まさかこの二人が組むなんて。

どんな映画になるんだろうと興味が沸きました。

 

その映画が『ホーンズ 容疑者と告白の角』で、最初見た時は非常に捉えづらい映画でした。

ミステリーの要素もあるしファンタジーの要素もある、恋愛ものでもあるし青春映画っぽくもあり、コメディっぽさもあるし、もちろんアジャ監督ですからホラーの要素もある。

一見的が絞れてないような印象を受けたりしますが、2回目3回目と見て行くうちにその世界観に惹かれていきました。

 

シリアスな映画なのかそれとも笑っていいのか最初は戸惑いますが、なんでもありな映画なんだなと知ってからはそこまで悩まず楽しく見れるようになりました。

物語の中心は恋愛ものですし。

 

アジャ監督非常に美しい映画を撮ってくれました。

舞台となる町の風景も美しかったし、なにより森の映像が綺麗でした。

そこはまるでファンタジーの世界でした。

 

メイキングを見るとCGだと思っていたシーンが実際はCGじゃなかったりして驚きました。

蛇が何百匹と出てくるのですが、ちゃんと本物の蛇を使ってました。

もちろんシーンによってはCGも使っているのでしょうが、ラドクリフ君もちゃんと蛇と一緒に演技してました。

そこはアジャ監督のこだわりなのかな。

 

実はダニエル・ラドクリフが出演している映画を見たのが今回が最初。

ハリー・ポッターは見たことありません。

もの凄い熱演でヤワな印象が覆されました。

 

恋人役のジュノー・テンプルはあんまり可愛くない。

なんでこの子が選ばれたんだろ?

 

原作はジョー・ヒルの『ホーンズ 角』。

メイキングで本人が登場しますが、風貌がスティーヴン・キングに似てるなあと思っていたら、本当にスティーヴン・キングの息子なんですね。

初めて知りました。

親子といえど似過ぎだろ。

 

僕が持っているブルーレイは2枚組で、劇場公開版とディレクターズカット版の2種類を収録。

違いは1か所しか気づかなかった。

その程度なら2枚組にせず違うシーンのみ特典映像に収録して1枚ものでの良かったんじゃないの?

そうすればもっと安く買えるのに。

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 20:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その496『グリーン・インフェルノ』

イーライ・ロスがカニバル映画『食人族』を大好きなのは知ってました。

なんたって『食人族』の監督ルッジェロ・デオダートを『ホステル2』に出演させたくらいですから。

しかしまさか自分でカニバル映画を撮ってしまうとは、さすがに恐れ入りました。

 

実は今までカニバル映画って見たことありませんでした。

80年代日本でも大ヒットしたらしいし、その手の映画のファンが沢山いることも知ってます。

ただ実際に動物を殺すシーンとかがあると知るとどうしても見ることができない。

同じような理由でモンド映画も見る気がしません。

 

とはいえ今は2010年代の現代で映画のために実際に動物を殺すなんてことは出来ないだろうし、信頼出来る男イーライ・ロスの映画だしってことでDVDを購入。

見てみると最高のエンターテインメントに仕上がっていて最後まで楽しく見れました。

 

確かに血がドバドバ出てきてホラーが苦手な人なら逃げ出しそうな映画ですが、ある程度見慣れている人なら全然許容範囲だと思います。

 

本当に見どころが多い映画で、まず冒頭のジャングルの映像が素晴らしく美しかった。

当然ジャングルの映像がほとんどですが、空撮で撮ったジャングルの美しいこと。

まずここで心を奪われました。

 

物語のテンポも良く全然ダレることがない。

身内の肉を食べたと知った瞬間、茶碗を割り自分の喉を切り裂く一連のスピーディーな展開はあまりにも鮮やかで関心しました。

その後その死体を使ったある作戦のアイデアも素晴らしい。

 

自分がその場にいたらどうなるだろうと考えると、ジワジワいたぶるんじゃなくていっそさっさと殺してくれと思うでしょう。

 

撮影も大変だったんだろうなと思う。

ジャングルでの撮影ですから虫や爬虫類、暑さなどと戦いながらの撮影だろうし、コメンタリーでは脱水症状やゲリになりながら撮影したって言ってるし。

ある意味命がけですよね。

 

しかしそのお陰でこれだけ楽しめる映画を撮ってくれたんだから、本当イーライ・ロスには感謝です。

 

僕はお金がなくDVDを買いましたがブルーレイならもっとジャングルの映像もっと鮮やかだったんだろうな。

日本版には高橋ヨシキと宇多丸の音声解説が入っており、僕みたいにカニバル映画見てない人でも分かるように色々説明してくれます。

色々オマージュも含まれているので、そんな点を知るにはこの音声解説ありがたいことになってます。

 

日本語吹替えはあんまり上手じゃないので、字幕で見る方をオススメします。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 22:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その495『ザ・ウォード/監禁病棟』

ジョン・カーペンターが9年振りに撮った劇場映画『ザ・ウォード/監禁病棟』。

大御所でもなかなか仕事がないこのご時世、新作を待ちわびていたカーペンターファンも数多くいるでしょう。

ファンの熱望が叶ったのか『ザ・ウォード/監禁病棟』は無事日本でも公開されました。

 

内容的にもサイコサスペンスと今まで撮ったことないようなものだし、若い女性達中心の物語を撮ったというのも今までのカーペンター映画ではなかったもの。

ベテランになっても新境地開いてます。

 

あと今までなら脚本や音楽もカーペンターが手掛けてましたが、今作では監督に集中。

なんでもそこまでやる時間がなかったそう。

 

主人公にアンバー・ハードが出演。

ジョニー・デップの元嫁ってことが有名ですね。

 

美人なのは間違いないのですが、設定が1966年ってこともあってか思っていたより可愛くない。

髪型もダサいし。

ただ演技はかなり頑張っていて、そのことはカーペンターも『彼女はプロ』と太鼓判を押してました。

 

他の女優陣も魅力的で、メイミー・ガマーはメリル・ストリープの娘さん。

ダニエル・パナベイカーは『13日の金曜日』や『クレイジーズ』などホラー系によく出演してます。

 

精神科医役のジャレッド・ハリスどこかで見た顔だなあと思っていたら『FRINGE/フリンジ』に出てたんですね。

最近だとリメイク版『ポルターガイスト』にも出てました。

 

物語のオチはまさかそうはこないだろうと思っていたオチが来て『う〜ん、そうかあ』って印象。

『シャッター・アイランド』と同じようなタイミングで見たので特にそう思ったのかも。

 

とはいえこうして新作が撮れて本当にカーペンター監督良かったね。

 

『ザ・ウォード/感染病棟』という紛らわしいタイトルの映画があるので間違えないように。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 22:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その494『ノック・ノック』
評価:
---
ポニーキャニオン
¥ 3,900
(2016-10-05)

先週レビューした『メイク・アップ 狂気の3P』とイーライ・ロスがリメイクした『ノック・ノック』見比べましたが、ビックリするくらいオリジナルに沿った内容でした。

ただそこに付け加えた現代のツールの使い方が非常に上手く、単にリメイクしただけじゃなくちゃんと現代の若者にも新鮮に受け止められるような仕上がりになってました。

さすがイーライ・ロス、信頼出来る男です。

 

出てくる女性二人組ですが、オリジナルでは金髪の二人組だったのが今作では金髪と黒髪の二人に変更されてる。

すごく二人の個性が出ててバランスも良い。

絵的にオリジナルより良いと思います。

 

黒髪のジェネシス役にイーライ・ロスの奥方ロレンツァ・イッツォ。

男を誘惑するシーンではちゃんと脱いでます。

奥さんでも作品のためなら脱がすなんて、やはりイーライ・ロス男の鑑だわ。

ダリオ・アルジェントは娘を脱がせてて、男というよりは鬼畜ですが。

 

そして金髪のベル役にアナ・デ・アルマス。

僕は彼女初めて見ましたが、あまりのキュートさに一遍に好きになりました。

可愛さと大人っぽさを共有してて、役にもピッタリでした。

しかも彼女もちゃんと脱いでます。

この手の映画でも脱いでくれるなんて、まあ日本じゃ考えられないですね。

 

しかもこの二人の演技が抜群に上手い。

本当に楽しそうに家中暴れ回っていて、人が死んでも全然お構いなし。

二人の演技がもしイマイチだったら、この映画も大して面白くなかっただろう。

 

女性二人の罠にハメられる悲しい男エヴァン役にキアヌ・リーヴス。

『スピード』や『マトリックス』で一世を風靡した俳優がこんなB級映画に出るなんてビックリです。

しかも制作総指揮にもクレジットされてるし。

ここ最近のキアヌのニュースと役柄がダブッて見えて、本当に情けない男に見えます。

 

結婚している男なら身につまされる内容ですが、後半はちょっとギャグになってます。

そこで少しは救われるかな。

でも実際に同じ目にあったらと思うと身震いがしますね。

 

僕が買ったのはブルーレイ盤ですが、それはそっちには映画のパンフレット縮小版が入っているため。

興味がなければDVDでも良いと思います。

あと日本語吹き替えの出来が良かったので、個人的にはそちらで見るのをオススメします。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 21:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その493『メイク・アップ 狂気の3P』

『メイク・アップ』はイーライ・ロスがキアヌ・リーヴス主演でリメイクするというニュースを見て興味を持ち買いました。

 

ソフトとしてはトラッシュ・マウンテン・ビデオから2in1で出てる物と、フォワードから出てる2種類ありますが、僕は値段の安さの方を取りフォワードから出てる方を買いました。

本当ならトラッシュ・マウンテン・ビデオの方が欲しいのですが、そこはやはり経済的な面で諦めざるを得ませんでした。

お小遣いのやりくりが大変です。

ただ画質的には変わりはなさそうですが。

 

まずオープニングクレジットにビックリしました。

内容とはそぐわない可愛らしい曲で、しかもその曲の出来が良くてビックリ。

映画全体に流れる曲も良い曲が多く、まずそこが気に入りました。

 

内容は見る前から大体知ってましたが、女性二人に弄られる中年男性が可哀そう過ぎますね。

人助けした優しい人なのに、ちょっとしたスケベ心で幸せな生活が一変してしまいます。

映画見てるこちらとしては『バカだなあ』と思う反面、自分も同じことしちゃうだろうなという思いもあります。

 

だってどう考えたって、若い女性二人に誘われたらフラフラ行っちゃうのが当たり前でしょ。

そこで自分の気持ちを自制出来る男はある意味ちょっとおかしいと思います。

 

中年男性を誘う金髪女性二人組にはソンドラ・ロックとコリーン・キャンプが出演。

僕はこの二人よく知りませんが、結構有名な人なんでしょうね。

しっかり二人共脱いでます。

僕は愛嬌あるコリーン・キャンプの方が好みかな。

ソンドラ・ロックの口の形があんまり好きくない。

 

DVDの映像はかなり荒れてます。

暗いシーンだと何やってるのか全然分かりません。

まあ値段が値段なんでしょうがないのかなって気もしますが、どこかのメーカーでもうちょっとマシな画質でリリースしてくれないでしょうか。

 

あとエンドクレジットにシシー・スペイセクの名前があってそこにもビックリ。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 17:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その492『ジャンゴ 繋がれざる者』

クエンティン・タランティーノ監督が手掛けた西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』、当時映画館へ見に行きました。

僕が初めてタランティーノ監督の映画を劇場で見たのがこの作品。

 

西部劇ってほとんど見たことありません。

ルチオ・フルチ監督のマカロニウェスタンものくらいしか見たことないんじゃないでしょうか。

なので『ジャンゴ 繋がれざる者』もタランティーノ監督らしくオマージュをそこかしこに散りばめているのでしょうが、僕はあまり気付きませんでした。

それでも充分楽しめましたけど。

 

『イングロリアス・バスターズ』でもそうですが、頭の切れる悪役って本当に怖い。

『ジャンゴ 繋がれざる者』ではレオナルド・ディカプリオとサミュエル・L・ジャクソンの二人がそうでしょうか。

ちょっとした仕草で相手の考えていることを察知し、その裏を上手くかく。

しかも圧力がスゴイのでこっちの嘘が見透かれそうで本当に怖い。

 

『イングロリアス・バスターズ』ではその役はクリストフ・ヴァルツでしたが、今作のクリストフ・ヴァルツは頭は良いけど善人の役。

なので凄く安心感があります。

演技力は相変わらず素晴らしい。

 

悪役が悪ければ悪いほど正義が勝った時のカタルシスは気持ちイイです。

サミュエル・L・ジャクソンももっと助けを求めてから死ねば良かったのに。

 

主人公のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は奴隷になっている妻を助けるために旅に出るのですが、その妻がギャーギャーわめいてうるさすぎる。

しかもそいつのせいでジャンゴは窮地に追い込まれるし。

更にラストはしてやったりの顔してて、はっきり言ってこの女嫌いです。

 

マカロニウェスタンの俳優で有名なのがフランコ・ネロですが、今作にも出演しているようです。

ただ僕はどこにいたのか全然分かりませんでした。

 

他にトム・サヴィーニもチラッと出てましたね。

 

尺が165分とかなり長いので、一日なんの予定もない日くらいにしか見れませんね。

ただ全然長く感じないほど面白いです。

 

僕が持っているソフトはDVDとブルーレイのコンボ。

安いからコレかったのですが、ブルーレイ1枚で充分なんだよな。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 21:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その491『溶解人間』

先日『羊たちの沈黙』の監督ジョナサン・デミが亡くなりました。

かなり昔に一度だけ『羊たちの沈黙』見ましたが、その時は大して面白いとも感じませんでした。

とはいえアカデミー賞を受賞と実績を残しているので、内容は間違いないのでしょう。

もう一度鑑賞してみたいと思います。

 

ジョナサン・デミって名前の感じからして僕はてっきり女性の方だと思ってました。

男性だったんですね。

今回亡くなったニュースを見て初めて知りました。

 

僕がジョナサン・デミ関連で持っているソフトは『溶解人間』のみ。

ジョナサン・デミは監督ではなく役者として出演してます。

これ見ると確かに男性ですよね。

 

『溶解人間』はタイトルと強烈なジャケットだけは印象ありました。

でも内容はほとんど知らず、リック・ベイカーが手掛けた特殊メイクがスゴイというのは知ってました。

 

スティングレイからテレビ放送時の吹替えを収録(よく残ってました)したブルーレイが発売されたので買いました。

噂通り内容は大して面白くもなかったです。

主人公が溶解人間になった原因も分からないし。

唯一クライマックス工場での攻防戦がまあまあ面白かったかなと。

 

ただやはりリック・ベイカーの特殊メイクは素晴らしい。

今なら全部CGにしちゃうんだろうけど、やっぱ実際に特殊メイクしたものは味わいがあります。

まだビッグネームになる前駆け出しの頃の作品ですが、この特殊メイク見るだけでも映画の価値はあると思います。

 

あとは日本独自の特典映像としてリック・ベイカーのインタビューが収録されてます。

これも面白いです。

でもリック・ベイカーのような大御所な人でも最近は仕事が激減しているようで、80年代の特殊メイクブームを知っている身としてはかなり寂しい。

もう一度手作り感のある特殊メイクが復活しないだろうか。

現場は汚れるしCGの方が時間も早くて簡単だし、生産性の面では難しいのかなあ。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 13:38
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その490『猛獣大脱走』

 

『猛獣大脱走』がなんかヤバイことになってきましたね。

 

元はといえば3月31日で販売が終了となる『猛獣大脱走』がamazonのページから突如消えたこと。

僕は運良くページが消える前に買う事が出来ましたが、後で買おうと思った人が買えなくなったケースもあったのではないでしょうか?

 

発売元のスティングレイがamazonに問い合わせても社外秘ということでちゃんとした説明がなかったよう。

ただなんとなく予想が付くのが誰かがクレームを入れたんじゃないかってこと。

確かに動物虐待な映像もあるので悪趣味な映画ではあります。

とはいえ少数な意見のお陰で見たい人の楽しみを奪うのはちょっとやり過ぎな気もします。

前に『食人族』の例もありますよね。

 

僕が初めて『猛獣大脱走』を見たのはCS放送で。

現在でもCS放送では見れるのに、そのソフトを販売しないってことも非常に不思議。

しかも去年は地上波でも放送されたらしい。

 

そのCS放送で見るまでは全然この映画の事知りませんでした。

確かに初めて映像見て、冒頭から馬の頭部カチ割りのシーンですからこれはトラウマものですね。

なんでも当時劇場では『プロジェクトA』と併映だったそうで。

ジャッキー・チェン目当ての人には悪夢のような映画だったでしょう。

 

他にもネズミ火炎放射器で丸焼きや、豚をハイエナに襲わせたりと、今では絶対映像化出来ないシーンがてんこ盛り。

80年代ってスゴイ時代でしたね。

 

内容も薬品を含んだ水を飲んだ動物が狂暴化し(何故水に薬品が含まれたのかは説明なし)、動物園のコンピューターが故障し檻から動物が逃げ出し(これまたコンピューター故障の原因も説明なし)人を襲うというもの。

設定はかなりいい加減です。

 

ただCGなどない時代。

実際に動物が人を襲ってます。

役者も大変だったろうな。

その変わりCGでは得られない迫力が感じられます。

 

もうこのDVD買うにはディスクユニオンのシネマ館でしか買えない模様。

売り切れる前にダッシュです!

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 21:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
『マッキラー&ブラッド・ピーセス/悪魔のチェーンソー』サントラCD

ホラー・マニアックスシリーズ第9期の応募者全員プレゼント『マッキラー&ブラッド・ピーセス/悪魔のチェーンソー』サントラCDが届きました。

 

毎回ホラー・マニアックスシリーズの応募者全員プレゼントは涙もののプレゼントですね。

 

しかも今回ルチオ・フルチ作品のサントラだし。

 

これだけでも普通に売れそうです。

 

個人的には『ブラッド・ピーセス/悪魔のチェーンソー』のサントラが聞けて嬉しい。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 21:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark