RSS | ATOM | SEARCH
メルトダウンの館その512『マングラー』
評価:
---
キングレコード
¥ 3,891
(2017-10-18)

スティーヴン・キングの原作をトビー・フーパーが監督した作品『マングラー』。

見たことなかったですが、ブルーレイが発売されたので追悼の気持ちも込めて購入しました。

 

1995年の映画ですからフーパー作品でももう後期の作品ですね。

大して話題にもならなかったしそんなに期待もせず見たのですが、これが思ったより血みどろな映画でビックリしました。

フーパー監督まだまだ現役感バリバリですね。

 

洗濯プレス機マングラーの造形も素晴らしい。

実際あんなにデカイ必要があるのでしょうか?

ただあのデカさがモンスター感があってイイですよね。

 

その洗濯プレス機が次々と人を襲っていくのですが、襲われた後グチャグチャになった犠牲者の肉塊をちゃんと写してるのがスゴイ。

終盤プレス機が襲いかかってくるシーンは『わたしは真悟』を思い出しました。

 

主演はロバート・イングランド。

フーパー作品は『悪魔の沼』に続いて2作目ですね。

悪徳オーナー役ですが、芝居が大げさなせいかコミカルな雰囲気を感じます。

 

っていうか全体的にも笑いを狙っているシーンが結構あります。

『悪魔のいけにえ』も実はブラックジョークを狙ったらしいので、フーパーなら『マングラー』にも随所に笑いを入れてもおかしくないような気がします。

例えば刑事役の人のコートが何度も挟まれたりするシーンとか。

 

この刑事役の人あんまり感情移入出来ませんでしたが、ラストシーンはちょっと可哀そうでした。

たぶん事件後刑事もクビになり、みすぼらしい花を持って助けたヒロインを様子を見に行ったらあんなことになってるなんて。

義弟も亡くなってるし、やりきれないようなあ。

 

あと個人的には洗濯工場で働いている人達の青いエプロンがオシャレだなあと思いました。

 

残念だったのがあまりカタルシスを感じられなかったこと。

マングラーもなんかアレレって感じでやられちゃったし。

要はいけにえの女性の指を奪ったから追うのをやめたってことなのか?

 

ブルーレイの画質は思ったよりキレイでした。

予告編やメイキング等の特典映像はありませんが、代わりにアンレイテッド版を収録。

断然こちらの方が面白かったです。

 

評判悪いバタリアンズのオーディオ・コメンタリーですが、確かにこれだったら収録しなくていいから値段を安くしてもらいたい。

あまりマジメくさったコメンタリーじゃなく、B級ホラーらしくワイワイガヤガヤしゃべるのは良いと思いますが、もうちょっとタメになる話があっても良いと思います。

仮にも映画に携わっている人なんだからもうちょっと映画的な話題があっても良いんじゃいかな?

あとはもう一人フーパーに詳しい人を加えるとか。

 

30%くらいはいいけど、あとは聞かなくてもいいような内容でした。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 19:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その511『ドント・ブリーズ』
評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 1,500
(2017-10-04)

『死霊のはらわた』のリメイク作を監督したフェデ・アルバレスの最新作『ドント・ブリーズ』。

噂では面白い、怖いなど高評価で、結構動員も良かったようでした。

 

盲目の老人宅へ若者3人が強盗に入るだけの話。

その老人がメチャクチャ強く返り討ちにあってしまうのですが、後半の展開が全然思っていたのと違ってました。

てっきり強盗に入った若者が老人から逃げ回っているだけかと思っていたら、まさかあんな展開になろうとうは。

その辺は是非実際に映画を見て確認してください。

 

個人的にはリメイク版『死霊のはらわた』そんなに嫌いじゃなく、シリアスな方向にシフトチェンジした『死霊のはらわた』も面白いなあと思いました。

サム・ライミもそんなフェデ・アルバレス監督手腕を評価したのか、今作でも制作陣にクレジットされています。

 

まず設定が面白いですよね。

正直都合の良い場面もありましたが、それでも概ねつじつまは合っているし、老人宅だけのシチュエーションでこうして1本映画を作ってしまうんだから、やはり才能ある監督なんだなと思いました。

 

映像も綺麗でカッコイイシーン沢山ありました。

 

主演の女性は『死霊のはらわた』にも出ていたジェーン・レヴィ。

『死霊のはらわた』では黒髪でちょっと怖い感じでしたが、今作では金髪でパッと見同じ人には見えませんでした。

今作の方が断然美人です。

 

強盗の仲間二人も良いキャラクターしてます。

演技上手いよなあ。

 

ブルーレイには日本語吹替えが収録されてますが、これがみんな上手かった。

ジェーン・レヴィは水樹奈々さんが担当。

『死霊のはらわた』でも水樹さんが声当ててました。

 

特典映像には削除されたシーンが収録されてますが、見てみると確かにカットして正解かなと思えるシーンばかり。

そんな中ジェーンがダンスするシーンはなかなか洒落てて、これは本編にあっても良かったんじゃない?と思えました。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 20:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その510『インフェルノ』

『サスペリア2 日本公開35周年記念究極版』、『サスペリア HDリマスター・パーフェクト・コレクション』に続いて、特典ディスクを加えた2枚組ブルーレイ『インフェルノ HDリマスター・パーフェクト・コレクション』が発売されました。

 

『インフェルノ』はキングレコードから一度ブルーレイ化されてますが、その時は特典映像も予告編のみだし、ホラー秘宝お馴染み山口雄大と井口昇のバタリアンズによるオーディオコメンタリーと、あまり本編以外がそそられない仕様でした。

テレビ東京で放送された吹替えが収録されたのは嬉しかったけど。

 

ですが今回の2枚組ブルーレイには209分特典映像を収録したディスクが付いてるじゃありませんか!

なんというボリューム!

 

その中で楽しみだったのがローズ役アイリーン・ミラクルのインタビュー。

今はどんなお姿になってるんでしょと思ったら、当時の面影もないおばちゃんになってしまってました。

時間とはなんて恐ろしいものなんだ。

撮影時インフルエンザで髪が抜けて薄くなっていたと話ししてましたが、そう言われれば若干薄く見えますね。

言われなきゃ分からない程度だけど。

 

あとはアイリーン・ミラクルとキース・エマーソンの登壇映像も楽しみでしたが、キースのアイリーンに対するタッチの多さが気になりました。

キース酔っぱらってたのかな?

かなりのお触りで、キャバクラだったら怒られる客ですね。

おしゃべりも下手なのか、あまり要点のないことを長々と語ってました。

 

マーク役のリー・マクロスキーのインタビューまであって、映画内ではフワフワした演技でなんか頼りないなあと思ってましたが、実はそれはダリオ・アルジェント監督の演出だったそうで。

なるほど、それで納得。

インタビュー受けているリーはかなり頭が良さそうな印象を受けました。

 

関係者インタビューではマリオ・バーヴァが手掛けた魔女が鏡から飛び出してくるシーンの撮影トリックを説明してたけど、僕の脳ミソではイマイチどんなトリックなのか理解出来ませんでした。

 

血の色も実際の血の色より明るくていかにも偽物っぽいですが、それもダリオ・アルジェントの指示のようです。

リアルな血の色より絵画的な血の色を目指したのでしょうか。

 

今回テレビ放送時の吹替えもテレビ東京版に加えTBS版も収録。

なんと2種類の日本語吹替えが楽しめます。

 

改めて美しい画質となった『インフェルノ』鑑賞しましたが、冒頭からタイトルが出るまでの流れが圧倒的に美しいですね。

そしてカッコイイ!

映像、演者、音楽共々最高の極致の融合と感じました。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 20:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その509『ハロウィン/ブギーマン逆襲』

この季節なのでハロウィンものを。

 

『ハロウィン5/ブギーマン逆襲』は前作の正当な続編。

なので主要キャストもそのまま引き続き出演してます。

 

前作の『ハロウィン4/ブギーマン復活』がそこそこ面白かったので期待して『ハロウィン5/ブギーマン逆襲』見たのですが、これが想像以上につまらなかった。

 

つまらなかった理由として挙げられるのが、思わせぶりなシーンが多すぎるってこと。

見てる人に不安を煽るってのは分かりますが、何か来るかも何か来るかもって思わせといて結局なにもなしってシーンが多くて、なんか興ざめしちゃいました。

 

そんなイマイチな映画を撮ったのがドミニク・オセニン=ジラール。

オーディオコメンタリーでは自分を自画自賛していて、よくもまあこんな盛り上がらない映画撮っておいてそこまで褒められるよなあとある意味関心。

全部自分の手柄とでもいいそう。

 

キャスト陣は頑張ってました。

子役のダニエル・ハリスは立派に主演を演じてましたね。

 

物語に黒コートの男が出てきて何か重要な役どころなのかと思ったら、結局そいつのことは何の説明もなく映画が終わってしまった。

続編への伏線なのでしょうか?

なんかモヤモヤするなあ。

 

DVDは『ハロウィン4』同様JVDから発売。

新規の日本語吹替え収録してくれるのはありがたいのですが、JVDお抱えの声優なのかあまりにも下手過ぎます。

見るなら絶対字幕で見てください。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 20:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その508『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』

ソフト化不可能と思われていた石井輝男監督のカルト作『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』がなんとDVD化されました。

いやーめでたいめでたい!

 

なぜブルーレイじゃないんだ!とか、特典映像が予告編のみとは手抜きではないか!とか、値段が高い!とか、色々意見はあると思いますが、こうして無事日本盤がリリースされたことに感謝したいと思います。

 

僕も昔からこの映画の存在は知っていて、写真等では見たことがあったのでどんな過激な内容なんだろうと妄想を膨らませていました。

都内だとたまにリバイバル上映していたようですが、その辺のチェックは全然していなかったし。

 

輸入盤DVDという手もありましたが、リージョンの関係で専用のプレイヤーを買わなくちゃいけないってことでそれも諦めてました。

なのでこのDVD化は本当に驚いたと同時に嬉しかったです。

これで誰でも自由にいつでも見れるようになりました。

 

胸をときめかせながら見ましたが、まず画質が綺麗でビックリしました。

1969年の映画ですからもっと荒い画質だと思っていたので、正直ここまでの画質は期待してなかった。

 

内容も映画というより舞台を見ているような感覚でした。

最初の精神病院でのシーンがまるで舞いを舞っているようだったのでそう思ったのかもしれませんが、実際舞踏塾の面々の出演しているからあながち間違った見方でもなさそう。

 

孤島で奇形人間を作るという話ですが、さすがに特殊メイクは時代のせいもあってかなりショボイ。

『サンゲリア』のように稚拙さが逆に魅力な映画もありますが、ここではちょっとそれもありませんでした。

そこが良ければもっとホラー感が出てたかもしれません。

 

正直江戸川乱歩の作品は読んでなく、丸尾末広著『パノラマ島綺譚』で原作のこと知ってるくらいですが、マンガより映画の方が島の無秩序は感じませんでした。

まあ映画であの世界観を作るのはかなりの予算が必要だろうしね。

 

なんでも劇場で上映する時はラストシーンで笑いがおきるようですが、なんで?

何が面白いの?

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 21:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その507『悪魔のいけにえ2』

『悪魔のいけにえ2』のDVDは通常版と完全版の2種類持っていて、その時のレビューの読み返すと評価はイマイチって書いてました。

キングレコードから最終盤としてブルーレイが発売されましたが、値段が高く当分買う予定がありませんでしたが、トビー・フーパーが亡くなって何か弔いをしなくてはと思い、えいっやっとマウスをクリックしブルーレイを買ってしまいました。

 

値段はもうちょっと安くても良いんじゃない?と思いますが、中身は力が入った物になってます。

本編は国内でレストアしたものだし、オーディオコメンタリーも完全版では2種類だったものが3種類に増えてる。

 

特典映像も233分という膨大な量で見終わるのにかなり時間がかかりました。

日本版VHS本編も収録されており、当時見てた人は懐かしさが更に込み上げてきたのではないでしょうか。

 

88ページのブックレットも充実してます。

 

今回ブルーレイを買ったことで都合5回見直しましたが、昔は大して面白くないと思っていた『悪魔のいけにえ2』そこまで悪くないじゃんと思い直しました。

『悪魔のいけにえ』に比べれば予算も大幅アップして、全ての部分で豪華になってますね。

 

特にセットの出来は素晴らしい。

よくぞここまで作ったものです。

 

見どころも満載で、グランパが興奮して目がランランとするシーンは大笑いしました。

他にもクックがチリ大会のトロフィーを抱えた時胸にチリソースがベッタリくっ付いてたり、ストレッチ(実際にこんな名の女性いるのでしょうか?)が逃げた時の2度見など、昔ではなんとも思わなかったシーンが今では面白く見れました。

 

食事のシーンでのアップからいったん引いてまたアップになるカメラワークは、『悪魔のいけにえ』のブランコのカメラワークを思い出させてくれました。

 

出演キャラクターではチョップトップが大好きになりましたね。

陽気なんだけど気味が悪いキャラクター最高です。

頭の皮膚食べるなんてよく思いついたなあ。

気持ち悪いなあ。

 

コメンタリーで興味深かったのが、レザーフェイスが二人羽織してるミイラがチョップトップの双子の兄弟だということ。

『悪魔のいけにえ』のヒッチハイカーってことですね。

そんな設定だったの知りませんでした。

 

あと裏設定としてレフティとストレッチが実は親子だということ。

これはカットされちゃいましたが、本来ならそこも撮影する予定だったらしい。

 

それとLG役のルー・ペリーが殺されて死んだってことも初めて知りました。

 

『悪魔のいけにえ』シリーズはまたリブートされるらしいのでそれも楽しみだし、早く『悪魔のいけにえ4』もソフト化されて欲しいです。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 21:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その506『ロスト・バケーション』

『蝋人形の館』や『エスター』の出来が素晴らしく、個人的には若手ホラー作家の中でも上位に評価しているジャウマ・コレット=セラ監督。

そのセラ監督が手掛けた最新作が『ロスト・バケーション』。

 

小さな岩場に取り残された女性サーファーと巨大ザメとの壮絶な戦いの映画ですが、そのワンアイデアだけでよく1本映画を作ってしまったなと感心します。

それもやはりセラ監督の実力ってことでしょうか。

 

映画全編中ほとんどが女性サーファーのみの出演で、本来なら中だるみしたり展開がお粗末になったりするところですが、それなりに最後まで緊張感ある映像になってました。

尺が86分と短めなのも良かった(更に短くても良かったかも)。

 

途中前触れもなくビーチで寝てるオッサンが出てきますが、まあそれも許しましょ。

正直展開上の無理やり感もありますが、まあ盛り上げる場を作るためにはしょうがないかな。

 

主演の女優さんブレイク・ライヴリーって方で、『ゴシップガール』などで有名らしいです。

僕は『ロスト・バケーション』で初めて知りましたが、非常に綺麗な女優さんですね。

スタイルも抜群だし、ほとんど水着姿ってのも飽きずに見れた要因かも。

 

サメとの戦いの映画といえばスピルバーグ監督の『ジョーズ』が有名ですが、その他にも沢山のサメ映画あるんですよね。

その辺『別冊映画秘宝 21世紀ホラームービー年代記(クロニクル)』中で『21世紀にも生き残る 動物パニックホラー』として詳しく書かれてます。

僕は『ジョーズ』しか見たことないので、『ロスト・バケーション』は人生2回目のサメ映画です。

 

『ロスト・バケーション』のDVDですが、実はこれ間違って買ってしまったもの。

本当ならブルーレイを買うつもりだったのに、間違えてDVDを注文してしまったらしい。

ビーチの風景とか非常に美しいシーンがありますが、ブルーレイだったらもっと綺麗に見れたんだろうなあ。

字幕もザラザラしていて滑らかさがないし。

 

こんなしょうもない間違いをしてる自分に非常にガッカリしています。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 21:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
メルトダウンの館その505『ピクニック at ハンギング・ロック』

『ピクニック at ハンギング・ロック』はつい最近まで知らない映画でした。

2枚組ブルーレイが発売された時評価がかなり高かったので興味を持ち、その後中古屋で発見したので購入。

廃盤なのでプレミアが付く前に買っておきました。

 

ある程度のあらすじは知ってましたが、最初見た時はあまりにも何もかもが解決しないので全然面白くなく、高評価している人達は何を面白がっているのか全然分かりませんでした。

 

その後メイキングやインタビューの特典映像(全194分!)を見てなんとなく分かったことがありました。

それは『何も解決しなくてよい』ってこと。

そこは見ている人が勝手に判断して良いってこと。

 

行方不明になった少女と先生はどこへ行ったのか?

何故一人だけ(アーマ)無事に助かったのか?

あの岩山にはどんな不思議な力があるのか?

 

などなど謎だらけの映画ですが、そこは自分の想像力を発揮して補てんすれば良いんですね。

たぶん明確な答えは監督のピーター・ウィアーも答えられないんだと思います。

 

『ピクニック at ハンギング・ロック』は1975年オーストラリアの映画ですが、当時はかなりヒットしたようです。

映画の賞も受賞しているようで。

僕には全然分からなかったけど、世界的にも評価の高い映画なんですね。

 

内容には付いていけなかったけど、映像の美しさは堪能出来ました。

特に冒頭の宿舎の映像は絶品ですね。

純白の洋服を着た少女達が眩しいです。

 

その中でもミランダ役のアン=ルイーズ・ランバートの美しさは別格。

映画の内容とも相まって、この世のものとは思えないファンタジーの世界の美しさ。

行方不明になってしまうため最初の35分くらいしか出演してませんが、ジャケットに使用されるのも納得の美しさです。

インタビューでは年を召された現在のお姿が見れますが、個人的には見ない方が良かったかな。

 

今回のブルーレイには『ディレクターズ・カット版』と『オリジナル版』2本の計3本収録されてます。

通常『ディレクターズ・カット版』といえばカットされたシーンを追加するようなイメージですが、なんとここでは逆に本編にあったシーンをカットして尺を短くしています。

監督からしたら不要なシーンだったらしいですが、ファンからは不評なようで。

アン=ルイーズ・ランバートもファンの思いを裏切っている行為と批判してました。

 

僕としては『ピクニック at ハンギング・ロック』にそれほど思い入れもないので、まあどちらでも良いかな。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 21:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
懐かしの名作恐怖映画大解剖

ジョージ・A・ロメロが亡くなって追悼の意味を込めてか、ホラーを特集した雑誌やムックをよく見かけます。

その中の一冊が『懐かしの名作恐怖映画大解剖』。

 

一番ホラー映画が盛り上がっていた1970年代から1980年代の作品に特化し紹介しているムック。

時代を絞った編集ってのは良いと思います。

 

タイトルも『ホラー』じゃなくて『恐怖映画』にしてる点もその当時を思わせます。

 

ほとんどは知っている作品ですが、まだ昔の恐怖映画を知らない若い世代にはよい指南書になるんじゃないでしょうか。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 20:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
トビー・フーパー逝く

先月のジョージ・A・ロメロに続いて、昨日トビー・フーパーが亡くなったというニュースが飛び込んで来ました。

あまりにも連続なのでかなりビックリしました。

 

トビー・フーパーの作品と言えばもちろんホラー映画の金字塔『悪魔のいけにえ』。

またリブート作が公開される人気作。

見るたびに面白さを再発見出来る素晴らしい作品。

 

次の『悪魔の沼』も結構好きです。

マリリン・バーンズに関しては沼の方が魅力的です。

 

『スペースバンパイア』も大好きな作品。

当時劇場へ見に行きました。

VHS時代にはメイキングもあったそうなので、それを含めブルーレイでの発売を期待したいです。

 

他にも『ファンハウス』や『ポルターガイスト』など素晴らしいホラー映画を遺してくれました。

 

偶然なのかキングレコードから『マングラー』のブルーレイがリリースされます。

見たことない作品なので欲しいな。

でも高い。

 

スティングレイからは『スペースインベーダー』がブルーレイでリリース予定。

こちらはDVD持ってますが、もちろん買い直します。

 

いや〜こうしてみると本当に沢山のホラー映画を撮ってますね。

監督以外の作品も入れたら相当な数ですね。

 

そう考えるともっと彼が関わった作品見たかったな。

 

来月の映画秘宝はトビー・フーパー追悼号になりそうですね。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 21:13
comments(12), trackbacks(0), pookmark