RSS | ATOM | SEARCH
メルトダウンの館その475『ザ・クラッシュ』
評価:
スチュアート・ゴードン
AMGエンタテインメント
¥ 6,196
(2009-08-21)

『死霊のしたたり』、『フロム・ビヨンド』の監督スチュアート・ゴードンといえば血がドバドバ出る超スプラッタームービーを撮る人って印象でした。

2007年の作品『ザ・クラッシュ』ももちろんその手の映画なんだろうなと思ってましたが、血は出ることは出ますがそこまで派手なスプラッターではなく、どちらかというとコメディタッチの映画でちょっと驚きました。

 

ハラハラはしますが怖いって感じでもないし、たぶんアメリカの人が見たらゲラゲラ笑いながら見るんだろうな。

 

車に轢かれてしまったホームレスと、轢いてしまった女性介護士のやりとりですが、介護士は自分の昇進が決まりそうなので人を轢いてしまったことをバレたくない。

どうすれば良いのか分からずパニックになる状況が笑えますね。

ただこれと同じこと自分の身に起きたら同じようにパニックになるんだろうけど。

 

血みどろ映画だけじゃなく、この手のストーリーで見る人の心を掴む映画も撮れるスチュアート・ゴードン監督、やはり才能がありますね。

映像的にはドキュメンタリータッチを思わせます。

車に轢かれるシーンで男がフロントガラスに突っ込むシーンは迫力あります。

 

患者さんの爪を切ってる時、大声でビックリして患者の指まで切って血ダラダラになるシーンも笑えました。

 

主人公の女性介護士役にミーナ・スヴァーリ。

ジョージ・A・ロメロ監督『死霊のえじき』のリメイク版『デイ・オブ・ザ・デッド』に出てますね。

僕はそちらの方を先に見ていてとても可愛い女優さんだなと思ってましたが、『ザ・クラッシュ』ではドレッドヘアーにしていてこれが全然似合ってない。

 

自分でこの髪形にしたのかな?

それとも役作りでこの髪形になったのかな?

どちらでもいいけどこの髪形は失敗だな。

全然可愛くない。

 

しかもなんと濡れ場を演じオパーイまでしっかり見せてくれてるのに、その髪形のせいで全然ヨッシャー!って感じがしません。

 

スチュアート・ゴードンの常連でもある奥様もここでもしっかり出演してます。

嫌味なオバサン演じたら天下一品ですね。

 

ゴードン監督本人もオープニングにちょこっと出演してます。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 21:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:08
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2575