RSS | ATOM | SEARCH
メルトダウンの館その481『ラビッド』

ホラー・マニアックスシリーズ第9期にデヴィッド・クローネンバーグ監督初期の作品『ラビッド』がラインナップされました。

『ラビッド』はDVDで持ってるので買うの悩みましたが、ブルーレイだし、テレビ放送時の吹替えも収録されてるし、特典映像も満載だしってことで、ついついポチってしまいました。

 

内容は前にブログに書いた通り。

クローネンバーグらしい寒々しい映像が楽しめます。

音楽も好きです。

 

画質はDVDよりかなり良くはなっていると思いますが、夜などの暗いシーンがかなり暗くて見えづらくなっています。

ローズが牛小屋に行くシーンや、車のクラッシュシーンなど結構暗くて何やってるか分からなかったほど。

その点はDVDの方が何が写っているか良く分かりました。

ただ発色の良さやクリアさはさすがブルーレイです。

 

一番楽しみにしていたテレビ放送時の日本語吹替えですが、放送時かなりカットしたのか日本語と英語の切り替えが結構多いです。

吹替え部分は全体の2/3くらいでしょうか。

吹替え貴重だとは思いますが、ちょっと残念でした。

 

特典映像DVDは予告編のみだったのに対し、ブルーレイはインタビューなど64分も収録されてるのでかなり楽しめます。

デヴィッド・クローネンバーグの音声解説も収録されてて、興味深い話も聞けます。

 

主演のマリリン・チェンバースですが、クローネンバーグの希望はシシー・スペイセクだったらしい。

でも製作者から却下されマリリン・チェンバースを推薦されたようです。

結果的にはマリリン・チェンバースで良かったと思いますが、同じ頃『キャリー』でシシー・スペイセクがブレイクした時は製作者達も『やってしもうた・・・』と思ったでしょうね。

 

『ラビッド』は批評家の評価も良くなかったらしい。

結構ボロクソに言われたらしいけど、その後まさかカンヌを取るような大御所になるとは思ってなかっただろうな。

たぶん今その評論家達は手の平返して『ラビッド』を評価していることでしょう。

 

本編のみ楽しみたい人はDVDで良いと思います。

安いしね。

色んな特典を楽しみたい人はブルーレイでしょうか。

字幕は各々違ってますので、両方買ってそこを楽しむって手もあります。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 18:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:45
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2605