RSS | ATOM | SEARCH
メルトダウンの館その483『宇宙からのツタンカーメン』

『宇宙からのツタンカーメン』は『スクリーン臨時増刊 THE HORROR MOVIES』でタイトルだけは知ってました。

ただどんな内容かまでは覚えてませんでした。

 

B級だしマニアックな作品なので知ってる人少ないだろうと思ってましたが、DVDのパッケージ裏に日曜洋画劇場で繰り返し放送されたって書いてあるので、実は結構知ってる人多いのでしょうか。

 

DVDの販売メーカーはフォワード。

確かに大手ではリリースしてくれなそうなマニアックな作品をDVD化、しかも安く発売してくれてます。

そこは嬉しいのですが、ただ如何せん画質が悪過ぎる。

僕も何枚かここのDVD買いましたが、よくこれ商品にしたなってくらい画質の悪いDVDもありました。

 

なので『宇宙からのツタンカーメン』もその程度の画質なんだろうと思ってましたが、これが想像以上に良かった。

まあ大手の商品に比べればイマイチですが、今までの画質の印象が強かったので凄く綺麗に見えました。

 

しかもなんとテレビ放送時の吹替えまで収録してくれてます。

これは正に快挙。

放送でカットされたシーンは字幕ですが、切り替わる箇所はほんの数か所なので全然苦になりません。

見るなら絶対吹替え版ですね。

 

肝心の内容ですが、これがなかなか面白かったです。

お金がかかってないのは丸分かりですが、80年代低予算映画のこの雰囲気たまりません。

冒頭の地震が起こり建物が崩れるシーンもお金も無かったのか、エジプトの写真を写しだしそこにセリフと効果音をかぶせてなんとかそれらしく見せてます。

 

ミイラに付着している謎のカビも、どう見てもチョークを削った粉です。

でもそこが良いよ良いよ。

動き出したミイラがノロノロ移動するのに誰にも見つからないって設定もまあ許しましょう。

 

ショックシーンは少ないですが、体に付着したカビがX線で増殖するシーンはなかなかの迫力です。

 

出演陣はほとんど知らない人ですが、警部補役の人どこかで見たことあるなあと思ってたら、『要塞警察』のナポレオン役だった人ですね。

そしてカビを調べる博士役の人も『要塞警察』の主演の人だったんですね。

これは気付かなかった。

 

画質や吹替えを含めフォワードの商品としては大満足なこのDVD。

これからもこのくらいのクオリティーのDVDを発売して下さい。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 22:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:28
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2614