RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤652
評価:
Esperanza Spalding
Polydor
¥ 1,648
(2016-03-17)

エスペランサ・スポルディングの来日公演が急遽決まりました。

それが今月の27、28、29日ってそりゃ急遽過ぎるでしょ。

見に行きたいけどあまりにも急過ぎて無理ですね。

 

セットリストは昨年リリースしたアルバム『エミリーズ・D+エヴォリューション』からが中心になると思います。

この『エミリーズ・D+エヴォリューション』ですが、最初聞いた時あまりにも想像と違っていてビックリしました。

てっきり前作『ラジオ・ミュージック・ソサイエティ』の流れを汲んだソウル、ブラックミュージックとジャズを融合したサウンドかと思ったら、思いっきりアヴァンギャルドなジャズロックに仕上がってました。

ビックリはしたけど、これはこれでカッコイイ。

 

プロデュースはデヴィッド・ボウイのアルバムで有名なトニー・ヴィスコンティ。

もうこの時点で目指すサウンドはロックに向かってますね。

 

 GOOD LAVA』から不協和音と気持ちいい音楽が混ざり合った不思議なサウンド。

この怪しい雰囲気がカッコイイ。

 

『JUDAS』もパッと聞いた時はお洒落な感じがしますが、よくよく聞くと不安な気分になる瞬間もあります。

 

АEBONY AND IVY』の冒頭はイエスの『海洋地形学の物語』を彷彿とさせます。

この曲もカッコイイです。

 

『ELEVATE OR OPERATE』が一番好きな曲かな。

メロディは綺麗なのにバックのサウンドが気持ち悪い。

この融合がたまりません。

 

ジャズ側からロックにアプローチした作品の方がロックをやっているアーティストよりロックしてるってどうゆう事?

 

『FUNK THE FEAR』ライヴ映像

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 13:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:55
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2616