RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤653
評価:
Emerson Lake & Palmer
Universal
¥ 4,601
(1993-02-01)

3月10日でキース・エマーソンが亡くなって1年が経ちました。

僕は1996年に一度だけエマーソン・レイク&パーマーのライヴを体験しましたが、今思うとあの時ライブ体験していて良かったなあとつくづく思います。

じゃなければ一生EL&Pのライヴを体験することは出来なかったんですから。

 

なのでオリジナルエイジアを見に行かなかった事を今ではとても後悔してます。

 

EL&Pのライヴアルバムはかなりの数リリースされていて、全部揃えようとすると結構大変。

中には劣悪な音質なものもあるようだし。

 

今日紹介するライヴ盤は1992年のツアーを収録した『ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』。

再結成アルバム『ブラック・ムーン』を伴ってのツアーの模様です。

 

僕が持っているCDは日本盤で、オビには『日本独占販売』と書いてあります。

現在は輸入盤もあるけど、当時は日本でしかリリースされてなかったみたい。

ライナーノーツがないのはちょっとガッカリ。

 

セットリストは最新アルバム『ブラック・ムーン』+代表曲って感じ。

個人的にはバランスの取れたセットリストだと思います。

 

 悵の教典#9(第一印象パート2)』〜◆悒織襯ス(噴火〜ストーン・オブ・イヤーズ〜アイコノクラスト)』〜『ナイフ・エッジ』はメドレー形式で演奏。

全盛期のような白熱した演奏ではないですが、円熟した安定感ある演奏を聞かせてくれます。

 

『ブラック・ムーン』からはぁ悒撻ぅ僉次Ε屮薀奪鼻戞↓ァ悒蹈瓮・アンド・ジュリエット』、『ブラック・ムーン』を演奏。

昔からのファンは70年代の曲を沢山演奏して欲しいだろうけど、リアルタイムで『ブラック・ムーン』から聞き始めた僕としてはこのアルバム大好きなんで、3曲も披露してくれるのは嬉しい。

 

『フィナーレ(庶民のファンファーレ〜アメリカ〜ロンド)』ではキースはオルガンと格闘しているのでしょう。

お約束とはいえ実際にそのパフォーマンス見た時は興奮しました。

 

このライヴの模様は当時ビデオでもリリースし持ってました。

しかし一部音声と映像がズレているという悲しい商品でした。

今はDVD出てるのかな?

ちゃんと修正されてれば買ってもいいけど・・・

 

『ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』ライヴ映像

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 12:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:45
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2620