RSS | ATOM | SEARCH
メルトダウンの館その486『ダーク・シャドウ』

ティム・バートンとジョニー・デップが8度目のタッグを組んだ映画『ダーク・シャドウ』。

映画館へも見に行きました。

 

元々は60年代にテレビで放送されたドラマらしいです。

それを映画化しないかとジョニー・デップにお声が掛り、映画化するなら監督はティム・バートンしかいないだろうと話が進んだようです。

だから製作のクレジットにジョニー・デップの名があるんですね。

 

200年の眠りから覚めたヴァンパイアが現代(1972年だけど)に蘇るって話だけど、ホラーというよりはコメディ寄りの映画ですね。

近代化した現代にオロオロするジョニー・デップが笑いを誘うけど、実際はそこまで笑えない。

アメリカの人はこれ見て大笑い出来るのかな?

 

まあギャグのところはそんな感じだけど映画は面白かったです。

話的には強引なところもありますが、美術セットも豪華だし、衣装も素晴らしいし、映像見てるだけで楽しくなれます。

 

音楽も1972年に流行った曲が使われてて良いです。

サントラ欲しいかも。

 

女優陣も綺麗な人を揃えています。

ベラ・ヒースコートは透明感ある美女で、着ている洋服も相まってとても綺麗。

華奢な女性って印象です。

 

対してエヴァ・グリーンは肉感的な印象。

胸元を強調した洋服を着て強い女性って感じ。

主演のジョニー・デップを食うほど演技も良かった。

最後はちょっと悲しい終わり方です。

 

クロエ・グレース・モレッツちゃんは随分と大人っぽいなあ。

最近ゴツくなってきてるから、この頃が一番可愛かったかも。

映画内での登場シーンがカッコイイです。

 

ジョニー・デップとジャッキー・アール・ヘイリーの共演も面白い。

片や『エルム街の悪夢』1作目での被害者役だし、片やリメイク版『エルム街の悪夢』のフレディ役。

新旧『エルム街の悪夢』出演者の共演です。

 

僕が持っているソフトはブルーレイとDVDのコンボなんだけど、これってよくある商法だけど買う方からしたら意味ないよね。

DVDしか見れない環境の人はブルーレイ必要ないし、ブルーレイ見れる環境の人はDVD見る事ないだろうし。

欲しいと思っている大根仁監督の『SCOOP!』もこの売り方なんだよなあ。

ブルーレイと特典ディスクの2枚組で良いと思うんだけど。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 20:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:34
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2627