RSS | ATOM | SEARCH
メルトダウンの館その488『わたしは目撃者』

ここ数年テレビ放送時の吹替えを収録したDVDやブルーレイがリリースされることが多い。

昭和生まれの自分としては、テレビ放送時の吹替えが収録されてるってだけでかなり購買意欲が湧いてきます。

 

ダリオ・アルジェントの監督2作目『わたしは目撃者』も、ホラー・マニアックスシリーズ第5期にラインナップされた時はDVD持ってるしなあと思いましたが、テレビ放送時の吹替えが収録されると知って即購入を決めました。

 

前に『わたしは目撃者』のレビューをしましたが、その時のレビュー読み返してみると期待外れだったようなことが書いてありました。

久しぶりに見返してみて、まあ確かに前作『歓びの毒牙』や後の『サスペリア2』に比べると分が悪いですが、それでも結構楽しく見れました。

まあ当時思ったことはその通りだとは思いますが、やっぱり日本語吹替えで見れたってのも面白く見れた要因なのかもしれません。

 

やはり昭和の吹替えは良いですね。

皆さん上手いです。

1981年フジテレビで放送された時の吹替えらしいですが、よくもまあこんなマニアックな映画がテレビで放送されたものです。

そしてそれを保存してた人がいるってことにも驚きです。

 

さて改めて見返して気付いたのが、主人公の新聞記者ジョルダーニと恋仲になったアンナの関係が中途半端で終わったんだなって知りました。

アンナに対して容疑を掛けそれが晴れた後なんの展開もなく、二人の仲がそこで終わったのかどうか分からないままになってます。

 

まあ映画自体が犯人が死んだらはい終わりという、エピローグがないままエンドクレジットってこともあって、なんか唐突に終わったしまった感はあります。

 

あとはエンニオ・モリコーネの音楽が良かった。

物悲しいテーマ曲が素晴らしい曲。

サントラも持ってるけどちゃんと聞いてなので、今度じっくり聞いてみよう。

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 20:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:42
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2636