RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤659
評価:
イアン・ブラウン,イアン・ブラウン,ナイジェル・イッピンソン
ポリドール
¥ 500
(1998-01-14)

4月21,22日と日本武道館でザ・ストーン・ローゼスのコンサートが行われました。

CDは持っているけどそこまで深入りしなかったローゼスですが、僕と同年代の人達には神のような存在だった人もいるのではないでしょうか。

メンバーの確執等ありながら再びこうしてコンサートを行えるんですから、昔からのファンは万感の思いでしょう。

 

僕があまりローゼスにハマらなかった理由として、ボーカルのイアン・ブラウンの歌がヘタってことが挙げられる。

音程も合ってるのかどうか分からないボーカルで、当時はよくこんな歌ヘタなバンドをみんな応援するなって感じたものでした。

なんでも今回の来日公演もかなりボーカル危なっかしかったようです。

 

ローゼスが解散後イアンのソロアルバム『アンフィニッシュト・モンキー・ビジネス』が発表され、なんの気なしにCD買ったところコレが結構良い出来でビックリしました。

ある意味ローゼスより好きかも。

 

インストの 悒ぅ鵐肇蹇Ε▲鵐澄次Ε供Ε撻ぅ凜ング・ストーンズ:ザ・ビーチ』から始まり、◆悒泪ぅ后Ε拭次戮魯蹇璽璽垢辰櫃ぅ丱鵐疋汽Ε鵐匹魎兇犬覿福

 

サイケな『キャント・シー・ミー』は初期ローゼスさを感じます。

まあレニ、マニが参加してるしね。

 

ハードなギターリフから始まるぁ悒▲ぅ后Ε魁璽襯鼻Εューブ』でのイアンのボーカルも楽曲に合ってる。

 

スッカスカな打ち込みを使ったΑ悒薀ぅンズ』もなんか可愛らしい。

 

これまた安っぽい打ち込みを使った『ディープ・パイル・ドリームズ』も浮遊感あるサウンドで面白い。

 

哀愁漂うメロディの『アンフィニッシュト・モンキー・ビジネス』もそうだけど、全体的にデモ音源のような楽曲が多く収録されてますが、そこになんか愛着が沸いてきます。

 

アルバムプロデュースはイアン自身で行っており、ギターにジョン・スクワイアの後任でローゼスに加わったアジズ・イブラヒムが全面協力してます。

 

『マイ・スター』MV

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 14:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:37
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2644