RSS | ATOM | SEARCH
メルトダウンの館その490『猛獣大脱走』

 

『猛獣大脱走』がなんかヤバイことになってきましたね。

 

元はといえば3月31日で販売が終了となる『猛獣大脱走』がamazonのページから突如消えたこと。

僕は運良くページが消える前に買う事が出来ましたが、後で買おうと思った人が買えなくなったケースもあったのではないでしょうか?

 

発売元のスティングレイがamazonに問い合わせても社外秘ということでちゃんとした説明がなかったよう。

ただなんとなく予想が付くのが誰かがクレームを入れたんじゃないかってこと。

確かに動物虐待な映像もあるので悪趣味な映画ではあります。

とはいえ少数な意見のお陰で見たい人の楽しみを奪うのはちょっとやり過ぎな気もします。

前に『食人族』の例もありますよね。

 

僕が初めて『猛獣大脱走』を見たのはCS放送で。

現在でもCS放送では見れるのに、そのソフトを販売しないってことも非常に不思議。

しかも去年は地上波でも放送されたらしい。

 

そのCS放送で見るまでは全然この映画の事知りませんでした。

確かに初めて映像見て、冒頭から馬の頭部カチ割りのシーンですからこれはトラウマものですね。

なんでも当時劇場では『プロジェクトA』と併映だったそうで。

ジャッキー・チェン目当ての人には悪夢のような映画だったでしょう。

 

他にもネズミ火炎放射器で丸焼きや、豚をハイエナに襲わせたりと、今では絶対映像化出来ないシーンがてんこ盛り。

80年代ってスゴイ時代でしたね。

 

内容も薬品を含んだ水を飲んだ動物が狂暴化し(何故水に薬品が含まれたのかは説明なし)、動物園のコンピューターが故障し檻から動物が逃げ出し(これまたコンピューター故障の原因も説明なし)人を襲うというもの。

設定はかなりいい加減です。

 

ただCGなどない時代。

実際に動物が人を襲ってます。

役者も大変だったろうな。

その変わりCGでは得られない迫力が感じられます。

 

もうこのDVD買うにはディスクユニオンのシネマ館でしか買えない模様。

売り切れる前にダッシュです!

 

 

JUGEMテーマ:Horror

author:あんくん, category:HORROR, 21:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:14
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2648