RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤661

今年のGWは天気も気候も良く、非常に過ごし安く行楽日和でしたね。

どこかに出掛けるのも良いけど、家でのんびり過ごすのにピッタリなCDが大貫妙子さんのベスト盤『The very best of 大貫妙子』。

 

僕がいつこのCD買ったのか覚えてないのだけど、多分二十歳頃なんでしょう。

正直それまで大貫妙子さんの曲って聞いたことなかったけど、シティポップの文脈で語られることが多い彼女(昔はニューミュージックって言ってましたね)、それで気になって買ったんだと思います。

 

昔聞いた時もそう思ったけど、それほどシティポップって印象は強くないですね。

どちらかというとカフェとかで流れてそうな曲が多いです。

 

それはベスト盤ってことも関係あるのかも。

オリジナルアルバム聞けばまた印象は変わるかもしれません。

 

 悗い弔眥未蝓戮和膣嗅子さんの曲といえばまず思い浮かぶ曲。

色んなアーティストがカバーしている名曲。

 

ぁ愼輿海梁りもの』もカバー多いですね。

 

ァ愕い半年』は僕が思うシティポップさを感じられます。

キーボードに坂本龍一さん、ベースに細野晴臣さん、ドラムが高橋幸宏さんが参加。

このベスト盤には参加アーティストのクレジットがあるのでとても親切。

こうゆうのとてもありがたい。

 

А悵Δ旅塋』はデジタルな音色でどこかヨーロッパ的。

 

『色彩都市』のような80年代のサウンド懐かしい。

今の若い子は逆に新鮮に聞こえるのかな?

原田知世さんが『Music&me』でカバーしましたね。

 

『夏に恋する女たち』も原田知世さん『恋愛小説2−若葉のころ』でカバーしてます。

 

亜悒圈璽拭璽薀咼奪箸箸錣燭掘找聴Δ蕕靴ざ覆嚢イです。

 

全17曲収録されててとてもお得だと思いますが、今はもっとオールタイムベスト盤もあるんでしょうね。

 

『都会』ライヴ映像

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 13:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:39
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2655