RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤673
評価:
トントン・マクート
エアー・メイル・アーカイヴ
¥ 6,499
(2010-09-16)

いったいどれだけの洋楽リスナーが『トントン・マクート』というバンドを知っているのでしょうか?

もしかしたら本国イギリスでも知っている人は少ないかもしれません。

 

1971年にリリースしたアルバム『トントン・マクートの不思議な世界』を残して解散してしまった儚いバンド。

僕もキーフが手掛けた幻想的なジャケットを見付けなければ一生手に取ることはなかったと思います。

 

そんな幻のバンド、トントン・マクートがオリジナルメンバーで再結成し、その唯一のアルバムを現代のテクノロジーで復活させるようです。

誰がそれを期待してるんだっ?

そのアルバムどれだけの人が買うんだろ?

 

まあ僕はちょっと興味がありますが・・・

 

キーフがジャケットを手掛けたってだけで購入したCDなので、当然どんなサウンドなのか全然知りませんでした。

大して期待もせず聞いたのですが、やはり混沌としていた時代の音楽、色んな要素が混在となっていてなかなか面白かったです。

 

基本はポップなんでしょうけど、そこにジャズやブルースの要素も入ってきてます。

プログレらしさもありますがそこまで難解さはなく結構聞きやすい。

 

メンバーに管楽器奏者がいて、この人のフルートやサックスが良い味出してます。

特に◆愴瓩靴泙擦覆い如戮離献礇検軸兇賄時の空気感もあってとても気持ち良いです。

 

中心メンバーであるポール・フレンチはトントン・マクートの後ヴォイジャーというバンドを組み、ヒット曲も出しているようです。

う〜ん、ヴォイジャーも聞いてみたい。

 

『悲しませないで』

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 12:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:07
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2707