RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤694
評価:
ピンク・フロイド,アトモス
EMIミュージック・ジャパン
¥ 13,550
(2006-09-06)

ピンク・フロイドの代表作のひとつ『ザ・ウォール』。

2枚組ながら世界中で大ヒットしたアルバムです。

 

でも個人的には『おせっかい』や『狂気』の頃のピンク・フロイドが好きで、『ザ・ウォール』は嫌いじゃないけどそこまで好きでもないって感じ(評価の低い『アニマルズ』の方が好きだったりします)。

 

最近ピンク・フロイドを聞き直していて、ライヴアルバム『ザ・ウォール・ライヴ アールズ・コート 1980〜1981』を聞くと、やっぱりすごいアルバムなんだなあって確認できました。

 

まず音の迫力がスタジオ盤とは違ってますね。

DISC1◆悒ぅ鵝Ε供Ε侫譽奪轡紂』のイントロなんて、頭ガツンとやたれたような印象。

DISC2『イン・ザ・フレッシュ』も同様。

 

ダビングし直しているのかどうか分かりませんが、よくライヴでこれだけのサウンドを作り出せたなと感心します。

 

ライヴ盤ということで観客の声も入ってますが、その声援がすごくて会場盛り上がっているんだろうなと簡単に想像できます。

スタジオ盤では収録時間の都合上カットされたようですが、DISC1『ワット・シャル・ウィー・ドゥ・ナウ』もちゃんと収録されてます。

 

実際にライヴ映像見てみたいですが、この時のライヴってオフィシャルには映像化されてないんですよね。

そのうちクリアな映像でブルーレイ化されないでしょうか?

音だけでも十分楽しめますが、ブロックを積んでいくステージも見れたらより感動できるのではないかと思います。

 

あと『光〜パーフェクト・ライヴ』も早くブルーレイ化されて欲しい。

 

『ザ・ウォール・ライヴ アールズ・コート』ライヴ映像

You Tubeで検索したらこんなお宝映像が出て来ました。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 12:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:25
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2794