RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤736

クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開されましたが、SNSを見るとかなり評判がいいみたい。

当初見るかどうか迷ってましたが、これは時間を作って見に行かなくては。

 

今では世界的な知名度を持つロックバンドクイーンですが、デビュー当時は散々な評価だったようです。

しかし日本ではそのビジュアルで人気に火が付き、その後徐々に本国イギリスでも評価が高まったって話は有名ですよね。

 

初期の傑作として評価されてるのが3rdアルバム『シアー・ハート・アタック』。

チャート的にもイギリスでは2位と大ヒットしました。

 

アルバムから先行してリリースされたシングル◆悒ラー・クイーン』はクイーンの楽曲でも人気の高い名曲。

僕も初めて聞いたクイーンの曲は『キラー・クイーン』だったと思います。

かなり複雑な展開の曲ですが、聞いてる人にはそうは思わせないテクニックはさすが。

コーラスなんて何重に重ねているんだろ?

 

 悒屮薀ぅ肇鵝Ε蹈奪』も人気ある曲ですよね。

エドガー・ライト監督『ベイビー・ドライバー』でも使われてました。

間奏ブライアン・メイのギターソロは『津軽じょんがらギター』と言われてますね(笑)

 

Α悒淵ΑΕ▲ぅ燹Ε劵◆戮皀轡鵐哀覿福

 

クイーンの強みはメンバー全員が曲作りを出来るということ。

『ミスファイア』はベーシストのジョン・ディーコンが初めて提供した曲。

 

しかし改めて聞いてみると1曲1曲に詰め込むアイディアが多い多い。

デビューアルバム『戦慄の女王』から1年4カ月後に3枚目のアルバムをリリースするなんて、どんだけクリエイティビティが溢れているんだよ。

 

『キラー・クイーン』ライヴ映像

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 15:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:28
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://ankun.jugem.jp/trackback/2947