RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤738
評価:
Radiohead,レディオヘッド
XL Recordings
¥ 1,224
(2007-12-31)

ダリオ・アルジェント監督の『サスペリア』がリメイクされるというニュースを知った時は喜びました。

これで少しは若い世代にも、昔『サスペリア』というものスゴイ映画があったんだ、ということが分かってもらえるかなと思ったもんで。

 

そして次にサントラをレディオヘッドのトム・ヨークが手掛けると知った時は更に喜びました。

というのも、これで映画に興味のない人でも『サスペリア』を知ってもらえる機会になるのではないかと思ったので。

 

無事1月には日本で公開されることが決まり、更に県内の映画館でも上映されるということなので、これは1月が楽しみで楽しみで待ち遠しいです。

 

で肝心のレディオヘッドの方ですが、実はそんなに詳しくなかったりします。

聞くようになったのもここ数年の話。

なので初期がどんなサウンドで、それが時間を経てどのような変化していったとかは全然知りません。

イメージでは徐々にエレクトロの方向に向かって難解なサウンドに寄ってった印象を受けますが。

 

ということで後追いで聞いた2007年にリリースされた『IN RAINBOWS』ですが、これは好きなアルバムですね。

かなり昔にNHK-BSでレディオヘッドのスタジオライヴを放送してて、そこでこのアルバムに収録しているぁWEIRD FISHES/ARPEGGI』を演奏しているのを見たのですが、3本のギターが絡み合う超カッコイイ曲でシビれました。

 

それもあって『IN RAINBOWS』を買ったのですが、これはイメージしていた難解さはなく素直に良い曲が多く収録されてるなあと思います。

ただ万人受けするかなあ?って感じですが、全英全米共にチャート1位ですからそんな僕の思いは不要ですね。

 

芸術性の高いロックって感じでしょうか。

 

『WEIRD FISHES/ARPEGGI』のスタジオライヴ映像。

僕が見たのこれですね。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 16:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:25
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。