RSS | ATOM | SEARCH
Jリーグ2019シーズン終了

Jリーグの全日程が終わり鹿島アントラーズは3位という結果に終わりました。

 

なんとかACL出場権を獲得しましたが、一時は首位に立ったにもかかわらず終盤失速と相変わらず毎年同じことの繰り返し。

今まで大岩監督のことは信頼してきましたが、さすがにもうこれ以上進歩はないのかなと思い初めてきました。

 

とはいえ実はシーズン当初はもっと悲惨なシーズンになるのではないかとも思ってました。

主力がどんどん抜ける中即戦力の補強は伊藤選手のみ。

シーズン初め会見で「このメンバーで4冠を狙う」と宣言した時は、マジで言ってるのか?と思いました。

 

しかし蓋を開けてみればしぶとく勝ち進み、リーグ戦の他ACL、天皇杯、ルヴァン杯を並行して戦いながらそれぞれそれなりの結果を残しました。

しかも今年は例年になく怪我人も多く、フルで戦えたのは土居選手と永木選手くらいじゃなかったでしょうか。

サイドバックも本職の人じゃない選手が務めることが多く、それで3位は満足な結果なんじゃないかと思う自分もいます。

 

天皇杯次は準決勝。

天皇杯優勝してリーグ戦3位なら、さすがに大岩監督の解任はないだろうなあ。

 

と思っていたら今日今シーズン限りで大岩監督退任のニュースが。

21日見に行こうかなあ。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:あんくん, category:DIARY, 18:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:54
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。