RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤807

 

最近プログレ熱が強まってます。

先週東京へ行った時も新宿のディスクユニオンプログレ館へ行って、デヴィッド・ギルモアとロジャー・ウォーターズ、ビル・ブラッフォード=アースワークスの中古CD買って来ましたが、スティーヴ・ハケットのCDチェックするの忘れたー(汗)

 

特にジェネシス時代の曲をセルフリメイクした『ジェネシス・リヴィジテッド供戮肇薀ぅ盤『ジェネシス・リヴィジテッド・ライヴ・アット・ハマースミス』があったら買おうと思ってたのに、すっかりチェックするの忘れたー!

不覚・・・

 

最初にジェネシスの曲をリメイクした1996年の作品『新約創世記〜ジェネシス・リヴィジテッド』は発売後すぐ買いました。

ジョン・ウェットンやビル・ブラッフォードなどプログレの重鎮達が参加したってだけでも大興奮ものでしたが、なんとそのアルバムのツアーが日本だけで行われそのライヴを収録したのが『TOKYOテープス〜ジェネシス・リヴィジテッド・ライヴ1996』です。

 

参加したアーティストがまた豪華で、キング・クリムゾンからジョン・ウェットンにイアン・マクドナルドが参加。

当時イアン・マクドナルドが日本に来てくれるなんて誰が想像したでしょう。

 

ドラムは本家ジェネシスのライヴにも参加してるチェスター・トンプソンに、キーボードは様々なプログレバンドのサポートをしてるジュリアン・コルベック。

 

CDは2枚組になっていてジェネシスの曲やスティーヴのソロが演奏されてますが、ジョンとイアンが参加してるということでクリムゾンのナンバーまで披露してる。

これは見に行ったお客さん涙ものだったでしょう。

 

今思うとなんでこの日のライヴ見に行かなかったんだろうと後悔してます。

 

『TOKYOテープス』ライヴ映像

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 17:23
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:23
-, -, pookmark
Comment