RSS | ATOM | SEARCH
私的名盤321
評価:
宇多田ヒカル
EMIミュージック・ジャパン
¥ 1,998
(2002-06-19)

2日続けて桜の写真載せたから『SAKURA』と付くタイトルを収録しているアルバム紹介。

宇多田ヒカルの『DEEP RIVER』には1曲目に『SAKURAドロップス』があるな。
この曲切なくて超好き。

普段洋楽を聞く機会が多く当然歌詞は英語なわけですが、正直歌詞なんてどーでも良かったりする。
聞いても意味分かんねーし。
くだらないこと歌っていても全然平気。
それよりはメロディやアレンジの方に耳が傾いちゃう。

しかし邦楽を聞く時はそうはならない。
ダイレクトに言葉が耳に入るしからしょもねー歌詞だな〜って思うこともあって、邦楽を聞くと歌詞って大事だよなあって思う。

いわゆるボーイ・ミーツ・ガールな男女関係を歌った歌詞ってキライなんだよなあ。
それよりは文芸的な歌詞の方が好きだたりする。
そうゆう意味では宇多田ヒカルの歌詞って詩的で好きですね。

クレジット見るとこのアルバムでは作詞作曲だけじゃなくアレンジ・ベーシックプログラミングまで自分でやってるそうでスゴイ。

元旦那とのコラボ◆traveling』のカラフルなPVも衝撃的だったし、涙が出そうなほど素敵なメロディのァLetters』(ギターでChar、HISASHI(GLAY)が参加)も大好き。

ラストを飾る『光』も細かいとこまでアレンジされていて完成度高し。



JUGEMテーマ:音楽
 
author:あんくん, category:MUSIC, 16:46
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:46
-, -, pookmark
Comment