RSS | ATOM | SEARCH
RELOAD『PERSONZ』

ターンテーブルも買ったことだし、目的であったパーソンズRELOAD第1弾『PERSONZ』もとうとう買いました。

 

HMVの通販で買ったのですが、箱を開けた時飛び込んできたジャケットの大きさにまず感動しました。

 

小中学生の頃は見慣れた大きさなのに、久々に見たらやっぱこのLPの大きさたまらないですね。

 

中にはダウンロードカードが入っていて、そこからデジタル配信(MP3)のサイトに行けるのでターンテーブル持ってない人でも聞くことは出来ます。

 

他にメンバーのインタビューやレコーディング風景の動画も見れるのですが、そのインタビューが興味深いものでした。

 

何故今回アナログレコードでのみのリリースになったのかとか、1stアルバムレコーディングの思い出など語ってます。

 

藤田さんのアナログレコードのみのリリースには個人的には納得してないという意見は、なるほどそうゆう思いもあるんだと感心しました。

 

ただ僕は今回のアナログレコードのみのリリースには賛成意見。

 

僕みたいにわざわざターンテーブル買わなきゃいけない人も出てくるでしょうけど、なんかLPの特別感(懐かしさ?)みたいのを感じられて非常に良い試みだと思ってます。

 

RELORD第2弾も決まってますが、個人的には今回のようなLPでのリリースを期待してます。

 

実際聞く頻度はデジタルの方が高いんだろうけど。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 20:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤646
評価:
土岐麻子
rhythm zone
¥ 3,374
(2015-07-29)

今週25日に土岐麻子さんのニューアルバム『PINK』がリリースされます。

先月のライヴでアルバムから4曲披露してくれてとても良い曲だと思ったし、コピーで『2017年シティ・ポップの決定盤!!』と謳っているくらいだから、かなりの自信作なんでしょ。

楽しみです。

 

そんな土岐麻子さんの前作が2015年にリリースした『ビター・スウィート』。

このアルバムもシティ・ポップの名作だと思います。

 

アルバムはディスコチックな 悒察Ε蕁Ε凜〜女は愛に忙しい〜』からスタート。

渡辺シュンスケさんって良い曲書くよなあ。

 

『さよなら 90s Girl』も好きな曲。

松見坂って何処だか知らないけど、なんとなく風景が浮かびますね。

 

ァ悒薀屮愁鵐亜戮離▲譽鵐犬發洒落だよなあ。

 

『きみだった』の歌詞は男の僕でもハッとする瞬間がありますね。

 

『セ・ラ・ヴィ〜女は愛に忙しい〜』MV

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 13:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤645
評価:
マーティー・マッコール&ファイヤーワークス
USMジャパン
¥ 1,665
(2012-06-27)

最近AORが盛り上がっているのでしょうか?

『ベスト・ヒットUSA』でも特集組んでたし、去年はレコード・コレクター誌でも特集組んでました。

各レコード会社からもAORシリーズを廉価盤でリリースしてますし。

 

そうすると大して有名でもないマニアックなアーティストの音源がCD化されたりして、リスナーとしては嬉しい傾向ですね。

今日紹介するマーティー・マッコール&ファイヤーワークスもそんな1枚。

僕が持っている紙ジャケ盤は世界初CD化でした。

 

全然聞いたこともないアーティストのCDを何故買ったかというと、ただ単にこのCDがセール品で売り出されていたので。

監修・解説が金澤寿和氏なので安心して購入。

 

聞いてみると凄く心地良い歌声とサウンド。

サラッと聞けます。

ただ逆に印象にも残らないかなって気もします。

 

ライナー読むと参加アーティストなどはその手では有名なミュージシャン達なので、コレクターには無視できないアルバムなのかも。

 

お気に入りはΑ悒ャント・ストップ・ランニング』かな。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 13:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤644
評価:
布袋寅泰
EMIミュージック・ジャパン
¥ 126
(1994-06-01)

年末WOWOWで布袋さんのライヴを放送しました。

その中にソロデビューのGIGSを再現するライヴも放送され、当然1stアルバム『ギタリズム』の楽曲をライヴ演奏してました。

改めて『ギタリズム』の全曲が名曲だと心が震えましたね。

カッコイイ曲、カッコイイリフ、カッコイイメロディでした。

 

ちょっともう一回ライヴ行ってみようかなって気になりましたね。

 

そんなギタリズムシリーズですが、4thアルバム『ギタリズム検戮念戝彊豢萓擇蠅靴泙靴拭

先行シングル『SURRENDER』、『さらば青春の光』がヒットしたお陰か、アルバムもヒットしたと記憶してます。

 

ファンからの要望が高かったのかぁ懃薇と雨』はアルバムリリース後シングルとしてリリースされました。

僕はАSIREN』がお気に入り。

 

それまでのアルバムではゲストプレイヤーを迎えたり、楽曲ごとに参加メンバーが違っていたりしましたが、このアルバムはツアーを一緒に回ったメンバー達のみでレコーディングしていて、そのせいかアルバムに統一感を感じます。

 

作詞も森雪之丞さんは参加してなく、全曲布袋さんが作詞しています。

なので言葉遊びとかよりはストレートに言いたいことを言ってる歌詞になってます。

そこが結構心に刺さったりしますね。

 

ブックレット見ると布袋さん若いなあ。

でももう23年前のアルバムだもんな、それも当然か。

 

ブックレットの中にアナログ盤発売の案内チラシが入ってました。

当時は今と違いアナログ盤絶滅寸前状態だったと思いますが、それでもアナログ盤をリリースするなんて先見の目持ってるなあ。

 

『SURRENDER』MV

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 12:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
イエスムック

11月のイエス来日公演に併せてシンコーミュージックからイエスのムックが発売されました。

 

去年も同じようにキング・クリムゾンのムックが発売され面白く読めたので、今回も期待してます。

 

来日に併せなくてもいいからこれからもプログレ系のムックを発売してくれないかな。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 20:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤2016年総括

今年も今週で終わりってことで、今年買った新譜CDお気に入り10枚を紹介。

 

ESPERANZA SPALDING

『EMILY'S D+EVOLUTION』

 

 

PRIMAL SCREAM

『CHAOSMOSIS』

 

 

CORINNE BAILEY RAE

『THE HEART SPEAKS IN WHISPERS』

 

 

RADIOHEAD

『A MOON SHAPED POOL』

 

 

RED HOT CHILI PEPPERS

『THE GETAWAY』

 

 

KANDACE SPRINGS

『SOUL EYES』

 

 

NORAH JONES

『DAY BREAKS』

 

 

ALICIA KEYS

『HERE』

 

 

BRUNO MARS

『24K MAGIC』

 

 

SOLANGE

『A SEAT AT THE TABLE』

 

 

見事にロック系が少ないですね。

ソウルやジャズの方がよく聞きました。

 

新譜は他にも数枚買って内容良かったし、キング・クリムゾンのライヴ盤なども購入。

結構今年はCD買いましたね。

 

ライヴでは単独とフェスの2回見たキャメルが最高の思い出。

その来日公演がCDとしてリリースされるようなのでそれも楽しみ。

 

来年の期待としましては、レッチリの単独来日公演を見てみたいですね。

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 16:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤643
評価:
Bruno Mars
Atlantic
¥ 641
(2012-12-11)

BRUNO MARSのニューアルバム『24K MAGIC』がリリースされました。

世界中で大ヒットするんだろうな。

ジャケットがチャラくてあんま好きじゃない。

 

僕がBRUNO MARSを知ったのはB.o.Bの『NOTHIN’ ON YOU』にて。

その曲でフューチャリングされていたのですが、それまで全然BRUNO MARS知らなかったのでてっきりB.o.BのことをBRUNO MARSだと思ってました。

逆だったんですね。

 

で、そこでBRUNO MARSを知って初めて買ったCDが『UNORTHODOX JUKEBOX』。

彼の2ndアルバムですね。

 

アルバムはドッシリとしたミディアムテンポの YOUNG GIRLS』から始まります。

 

◆LOCKED OUT OF HEAVEN』は最初聞いた時鳥ハダ立ったくらい超カッコ良い楽曲。

若干ポリスを思わせますね。

音はスカスカなんだけどシンセの使い方も上手いし、ライヴでは盛り上がるの間違いなし。

 

ぁTREASURE』は軽快なポップソング。

この手の曲大好物です。

春の晴れた日を思い浮かべます。

 

ΑWHEN I WAS YOUR MAN』はピアノ伴奏から始まるバラード。

途中からリズム隊が入ってきて大げさなアレンジになるのかなと思ったら、最後までピアノ伴奏のみの楽曲。

ある意味清い。

 

─SHOW ME』はカリプソ風。

BRUNO MARSはハワイ出身ですから当然このリズムは体に染みついているんでしょう。

 

アルバムを通して『UPTOWN FUNK』のような陽性な楽曲は少なく結構重たいです。

そこが意外でしたが、当時の彼のモードがそうだったんでしょうね。

 

『LOCKED OUT OF HEAVEN』MV

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 13:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤642
評価:
エマーソン・レイク&パーマー
ビクターエンタテインメント
¥ 14,797
(1999-03-03)

金曜日にグレッグ・レイク死去という衝撃的なニュースが入ってきました。

エマーソン・レイク&パーマーのメンバー3人の内2人が今年に亡くなるなんて、ちょっと信じられない気持でした。

ご冥福をお祈りします。

 

僕がグレッグ・レイクを知ったのはもちろんキング・クリムゾンの1stアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』にて。

その美しい歌声にシビれましたね。

2ndアルバム『ポセイドンのめざめ』でもその素晴らしい歌声を聞かせてくれて、EL&P結成のため脱退してしまったのが本当に悔やまれました。

『平和/序章』は他の歌い手だったら違った印象になってたでしょうね。

せめてもう1枚くらい作って欲しかった。

 

その後EL&Pも聞くようになっていきました。

僕はベースプレイヤー、ギタープレイヤーというよりはヴォーカリスト、作曲者としてのグレッグ・レイクが好きですね。

なので『フロム・ザ・ビギニング』も好きな1曲。

 

この曲を収録したアルバム『トリロジー』は『展覧会の絵』と『恐怖の頭脳改革』の間に挟まれていてあんまり話題に上がらないアルバムです。

でも僕は結構好きなアルバムで、他のアルバムに比べても聞きやすいと思います。

それはプログレらしい長い曲が少なく、短い曲が多いからじゃないでしょうか。

 

メドレー形式の 惘扮鵑瞭罅.僉璽1』〜◆悒奸璽』〜『永遠の謎 パート2』もそんなに難しくないし。

 

ぁ悒侫蹈燹Ε供Ε咼ニング』は名曲。

アコギの腕前もさすがです。

 

Α悒曠Ε瀬Ε鵝戮魯薀ぅ瑤猟衄峩福

キース・エマーソンがノリノリで演奏しています。

 

8分台のА悒肇螢蹈検次戮魯ースのピアノとグレッグの美しい歌声から始まります。

中盤からカール・パーマーのドラムが入りいつものEL&P節。

とはいえこちらもプログレ初心者でも聞きやすいと思います。

 

この聞きやすさってグレッグのプロデュース力にあるのかも。

ライナーにもグレッグの好みが反映されてるアルバムって書いてあるし。

プログレをあんまり知らなくて今回のグレッグの死去でEL&Pに興味を持った人がこのアルバムから入るっていうのも良いかもしれない。

 

『フロム・ザ・ビギニング』ライヴ映像

当時の映像が見つからず再結成時の映像。

若かったころの美少年の面影もないし、美しい歌声も聞くことが出来ません。

時間って残酷ですね。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 13:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤641
評価:
エリオット・ヤミン
エイベックス・エンタテインメント
¥ 1,170
(2008-05-21)

12月に入りいよいよ冬本番の季節になってきました。

エリオット・ヤミンの1stアルバム『ウエイト・フォー・ユー』はそんな冬にお似合いのアルバムだと思います。

 

 悒Ε┘ぅ函Ε侫ー・ユー』が大ヒットしましたが、僕もその曲でエリオット・ヤミンのこと知りました。

でCDを買いライナーを読んで彼の事を知ったのですが、アメリカのオーディション番組『アメリカン・アイドル』出身だったんですね。

しかも右耳の聴力を失っているようで、かなりの苦労人だったようです。

『アメリカン・アイドル』に出場したのが27歳の時だってことなので、遅咲きのアーティストですね。

 

ジャケットやルックスから想像するとピアノやアコギを弾くシンプルなシンガーソングライターっぽいですが、実際CD聞いてみると結構ソウルフルなヴォーカルにバックのサウンドもR&Bっぽい。

ちょっと意外でしたが逆にそこが気に入りました。

 

このアルバム以降彼の名を聞くことがあまりありませんが、本国ではどうなんでしょ?

一発屋みたいな感じなのかな?

 

『ウエイト・フォー・ユー』MV

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 16:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
私的名盤640

アリシア・キーズのニューアルバム『ヒア』がリリースされました。

アリシアはアルバムが出れば必ず買うことにしているアーティスト。

これから聞き込んでいきます。

 

前作は4年前にリリースされた『ガール・オン・ファイア』。

その前に出た『エレメント・オブ・フリーダム』がシンセを多用して個人的に好きなアルバムだったので、今回もその線で進んで行くのか非常に興味がありました。

 

しかしピアノ曲のイントロ 悒如Ε離凜・アダージョ』に続き◆悒屮薀鵝Ε縫紂次Ε漾次戮呂靴辰箸蠅箸靴振閉瓦如▲▲襯丱爐了呂泙蠅呂なり落ち着いた雰囲気。

 

『ホエン・イッツ・オール・オーヴァー』では音響派を思わせる都会的なサウンドが気持ちイイ。

ジョン・レジェンドとの共作。

 

ぁ悒螢奪好鵝Ε肇ァΕ罐◆Ε蓮璽函戮發靴辰箸蠅箸靴振覆砲覆辰討泙后

こちらもジョン・レジェンドがクレジットされてます。

 

ァ悒縫紂次Ε妊ぁ戮魯螢坤爐魘調しててやっとノリがよい曲が出て来ました。

 

Α悒ール・オン・ファイア』はニッキー・ミナージュをフューチャリング。

こちらもリズムを強調してて煌びやかさより力強い曲に仕上がってます。

 

А悒侫.ぅ◆ΕΕ・メイク』はマックスウェルとのデュエット曲。

こちらも落ち着いた曲ですが、この手の曲調は大好物です。

 

─悒謄アーズ・オールウェイズ・ウィン』はブルーノ・マーズとの共作曲。

 

アルバム全体を通して『エレメント・オブ・フリーダム』と違いかなり地味な仕上がりになってますが、これはこれで好きですね。

ただ車で聞くというよりは部屋で聞く方が良いかなという感じですが。

 

『ガール・オン・ファイア』MV

こちらはアルバムヴァージョンと違いニッキー・ミナージュは出てないですね。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

author:あんくん, category:MUSIC, 12:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark